アフィリエイト

アフィリエイトでサプリメントをやるなら薬事法は知るべき理由

サプリメントのイメージはカプセルや顆粒。食事の前後や食事代わりに食べる人もいます。

サプリメントはありふれたものですが、その定義や区別が付いている人は意外と少ないと思います。

サプリメントはサプライ(供給)が語源で、栄養素の補給というニュアンスから作られた言葉です。食事の補助をイメージして生まれたものと言えます。

野菜不足や脂質過多。現代人が抱える栄養バランスの悪さは病気や不健康を誘発します。誰もが健康を願う以上、栄養バランスは何とかしたくなる話です。

サプリメントは繊維質や不飽和脂肪酸、ビタミンやミネラルを濃縮して作られたものが多い。これらは不足しがちな栄養素です。

サプリメントを食べることで、不足している栄養素を補える。こう考えられる為、市場でも人気がある商品となっています。

味は無かったり、美味しくないのが多いです。一番は食事の改善で対応すべきと感じますね。定期購入になると高く付く場合もありますし。

アフィリエイトでもよく扱われるもので、種類も豊富です。飲料や粉末にしているタイプもあります。

サプリメントでアフィリエイトブログを作れば、書くことはいっぱいある筈です。ダイエット×サプリメントのような組み合わせでもやれるでしょう。

一方、法令違反の危険性があるジャンルでもあります。知らないと不味いのが薬事法の存在です。アフィリエイトも無縁ではいられない。

薬事法はサプリメントと医薬品を区別する法律です。サプリメントで医薬的効能を謳うと発動する怖さがあります。

医薬品は医師や薬剤師のみが扱えるので、一般人が関わることは出来ません。アフィリエイトでそこに触れると、薬事法違反になる危険性があります。

サプリメントでアフィリエイトしていくなら、薬事法は必ず押さえた方がいい話になる。知らないで済まされないのが法律です。

薬事法を知らないばかりに罪に問われ、数百万の罰金を負うケースもあります。薬事法違反は懲役刑も存在します。

稼ぐ為のアフィリエイトで余計なリスクや失敗は避けるべき。薬事法を知れば、サプリメントをアフィリエイトする際の落とし穴を躱せます。

アフィリエイトでサプリメントを扱う場合

アフィリエイトでサプリメントを扱うなら、サプリメントの定義を踏まえておく方がいいです。

サプリメントは食品で、医薬品とは違います。アフィリエイトで医薬品を扱うのはかなり難しくなっている。

アフィリエイトでサプリメントをやるなら、これらを覚えておくとよいでしょう。

サプリメント=栄養補助食品

サプリメントは、栄養補助食品や健康補助食品とも呼ばれます。要は健康増進を考えて成分を組んだ、食べ物全般がサプリメントとなります。

ポカリスエットやアクエリアスのような、スポーツドリンクも飲むサプリメントです。運動時の発汗で失われる水分と電解質を得るのが目的となる。

アミノバリューはアミノ酸を吸収を考えて成分調整されています。また、ウイダーゼリーも食事のように素早く摂取する栄養源で、サプリメントの一種です。

他にはハーブや薬草を加え、薬効を目的とした食品も対象となります。一般的に、サプリメントは特定成分を濃縮して顆粒やカプセル状にした食品を指すことが多い。

サプリメントの用語はアメリカで制定され、日本では健康食品の一部という認識で処理されている。

アメリカの連邦政府は1994年に、栄養補助食品健康教育法(DSHEA)を定めました。サプリメントの定義もここで決められています。

「ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含み、普段の食事を補える全ての製品(タバコ以外)」をサプリメントとした形です。

サプリメントに分かりやすいラベル表示を義務付けています。日本ではこのラベルがありません。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は、サプリメントを医薬品とは認めていない。医薬品の定義の1つに、治験により効果を実証されることが条件となっています。

日本もFDAの決定に準じた形で医薬品との境界線を決めています。サプリメントは治験がされないまま、市場に出た食品となっている。

故に、病気を治療するという主張はサプリメントには出来ません。あくまでも健康に寄与するという宣伝だけが許されます。

食事の代わりにはならない

1食や1食品だけで完璧な栄養素を摂取出来る。そんな食べ物は存在しません。個人や生活習慣、体質によっても必要なカロリーや栄養素は異なります。

バランスが良いと言っても、完全に身体が要する栄養素を過不足無く摂取するのは不可能です。余った栄養素は排出されたり、別の形で蓄えられる。

栄養素の過不足を補う目的で食べるのがサプリメントです。野菜が不足してビタミン不足な人が、ビタミン入りのサプリメントを食べる感じ。

なので、1つのサプリメントを食事の代わりにするのは出来ません。何種類も集めて食べれば賄えるかもしれませんが。

そうするより、食事内容を改善した方が安上がりで消化器官も負担がかからない。サプリメントは味気ないので、食事の楽しみも減ってしまいます。

医薬品とは違う

サプリメントと混同されやすい漢方薬は、医薬品になります。日本では医薬品とされるものの定義は以下になる。

医療用医薬品・処方箋医薬品→医師などに使用される。また、医師からの処方箋や指示によって使用されるのを目的としているもの。

これらは一般人には入手不可です。必ず医師と薬剤師が販売に関わります。一般的な医薬品とイメージされるタイプです。

医療用医薬品→条件を満たす限り、処方箋が無くても一般人が購入可能なもの。満たさない場合は処方箋が要る。

一般の薬局では医療用医薬品の販売は自粛している。法令違反になる可能性がある為です。処方箋無しの販売は零売薬局のみと考えられます。

薬局製造販売医薬品→承認許可を取り、薬局の調剤室でのみ製造が認められるもの。2014年6月からインターネット販売が原則として解禁されている。

ちょっと馴染みの無い医薬品になります。ネットで薬を買う時に見るタイプの1つがこれです。

OTC医薬品→大衆薬や市販薬を指し、医師の処方箋が必要ないタイプ。薬局で見るのはこれが多い。

風邪薬や頭痛薬などが該当します。市販の薬と言われたら、OTC医薬品が当てはまります。

一般用医薬品→処方箋が無くても購入可能なもの。ネット販売も行われ、リスクの高い方から順に第一類・第二類・第三類の3種に分類されている。

リスクが高い第一類は、服用時の注意を書いた書面の添付が義務化されています。第二類も多いです。

第三類はリスクが低いので、書面の添付は義務化されていません。

要指導医薬品→2014年6月から新設された区分。副作用が特に心配されるリスキーな医薬品が該当する。要指導医薬品は対面販売が必須条件となる。

今の新型コロナのワクチンも副作用が報告されています。摂取は注射なので対面で行われるのが普通ですが、形式的には近いと見れるでしょう。

サプリメントとの違いはやはり、治験による薬効が十分確かめられ、かつ医師や薬剤師の監督下にある点です。

買う時や服用時に対面や注意を要する。一般に売られていても、売り場所が決まっているなどの特徴が医薬品にはあります。

サプリメントにこのような規定は無く、満たさないものは医薬品とは認められません。

健康な人向けにやるのがサプリメント

医薬品は病気や怪我を負った人が対象で、サプリメントは健康増進や維持を目的として作られています。

ビタミン不足を補って健康に寄与する。アミノ酸を効率よく摂取し、筋肉の発達や維持を可能とする。

こういった使い方をする食品全般をサプリメントと呼びます。病気の人は医薬品や医師との相談になります。

健康に対する関心は高く、海外でもサプリメントの需要は大きいです。海外から輸入したり、日本から輸出することも考えられる分野になります。

サプリメントは種類が多く、扱う企業もたくさんあるので商品選びは困らないでしょう。栄養の話は記事も書きやすいと思います。

一方で法律に触れやすいリスキーな面も持つのがサプリメント。それは後述する薬事法と絡む話です。

薬事法とは? なぜサプリメントと関わるのか?

薬事法は今は薬機法と名前が変わっています。薬事法は医薬品の扱いを定めた法律と考えればいいです。

サプリメントは医薬品とは異なるので、医薬品のような宣伝を打つと法令違反になる可能性があります。一般人は医薬品は扱えません。

サプリメントにも関わる薬事法。これを見ていきましょう。

薬機法(旧薬事法)は医薬品に適用される

薬機法の正式名称は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」となります。

長いので要約すると、医薬品や医療機器に関する法律です。サプリメントはこれに含まれない栄養補助食品となります。

保健衛生上で起こる障害の発生と拡大を防止するのが主な目的。具体的には指定薬物の規制、医薬品と医療機器、再生医療などの研究開発に役立てられるものです。

薬機法は医薬品や医療機器だけで無く、医薬部外品、化粧品などにも適用されます。健康食品の規制に活用されることもあります。

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間にあるもので、健康や美肌効果を持つ化粧品だと考えれば分かりやすい。

薬機法は広告規制を定めた項目もあります。ここがアフィリエイトでサプリメントを扱う際、注意すべき所になる。

医薬的効果の宣伝には規制がかかっている

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器の広告は、薬機法で規制される点が決められています。主に3点です。

1つ目が誇大広告の禁止。虚偽または誇大な広告宣伝を禁止しています。広告だけで無く、記事やページにもこれは適用されるので、気を遣う必要が高い部分です。

例えば虫歯を抑える薬を宣伝する際、「虫歯や歯周病を治せる」と謳ったらアウトということです。あくまでも抑制や予防で留めた紹介にしないといけない。

禁止される誇大広告の主体は限定されないのも怖い所です。製造や販売業者は勿論、広告を掲載するメディアやアフィリエイターも違反対象となり得ます。

違反した場合、2年以下の懲役か200万円以下の罰金が課される。2021年の8月には課徴金制度まで加わるなど、厳罰化が進んでいる法律です。

2つ目が特定疾病用の医薬品と、再生医療等製品の広告の制限です。

がんや特殊疾病と定められた病気の治療に使う薬や器具の仕様や宣伝は、専門家しか扱ってはならない。

要するに一般人や資格の無い人が触ったり、広告宣伝をやるのを原則禁止している内容になります。

がんの治療に使う薬の広告は、素人には扱えないと考えていい。重病の治療は医師や専門家だけが情報発信すべき領域になっています。

軽いと認められる病気の治療器具や薬については、認められるケースもあるようです。その場合も確認を取ってから検討するのがいいでしょう。

3つ目が承認前の医薬品、医療機器と再生医療等製品の広告の禁止です。未承認のものを社会に出すのはダメ。

海外では合法でも、国内では未承認の医薬品や器具は抵触する可能性があります。医療業界にいる人がやりがちな間違いになるでしょう。

医薬品や医療器具に詳しい人が未承認の薬を紹介した場合、この項目に違反する可能性が出て来ます。一般人はあまり関係ない所と言えます。

健康食品の広告の難しい部分

注意したいのは健康食品の広告です。健康食品に薬機法上の定義は無く、一般食品と同じ扱いになります。

医薬的効能を謳ってOKなのは医薬品や医療器具だけです。食品でやったら法令違反になります。

例えばシェイプアップサプリメントみたいな宣伝をすると、法律的には医薬品扱いとされる。これは法令違反になり得ます。

健康に寄与する健康食品ですが、医薬や医療的効果を謳うことは不可能に近いです。健康増進や病気の抑制で留めるのが無難でしょう。

一方で薬機法上の広告規制をクリアし、機能性の宣伝に使う為に考案されたものもあります。2015年4月にスタートした「機能性表示食品」制度ですね。

ユーザーの公平な商品選択の為、安全性の確保や科学的な証拠を用意するのと引き換えに、一定の機能性を謳うことを認める制度になります。

DHAやEPAなど、青魚の脂に多い不飽和脂肪酸は脳の働きをサポートする作用があります。これを含んだサプリメントだから頭に良いと宣伝する。

このケースなら認められます。但し、含有量や薬理作用などを正しく説明出来るという条件は付きますが。

サプリメントはグレーな所がある

上記の内容から、サプリメントの宣伝広告はグレーな要素を含みます。闇雲な紹介は法律に触れる危険性を持っている。

健康や栄養の意味でサプリメントを摂取するのが一般的です。病気の治療は医薬品の領分なので、そこに手を出すと薬機法がやって来ます。

故に、健康を考える健常者向けにアフィリエイトしていくのが、サプリメントの基本となります。病気の話はしないのが無難です。

仮に医療的な話をするなら、その根拠や例を調べて載せる努力は要るでしょう。グレーな所を洗い出して取り組むジャンルだと言える。

薬事法はアフィリエイトにも影響している

薬事法はアフィリエイトにも強く影響しています。医薬品認定されたら薬事法違反になる特性は意外と恐ろしいです。

例えば扱っている商品が医薬品になったら? その瞬間に法令違反なんてオチが生まれます。アフィリエイトで安心して扱えるものにならない。

アフィリエイトと薬事法。注意すべき点を考えていきましょう。

医薬品認定されると扱えなくなる

先述した誇大広告や医薬的効果の宣伝。これをしたら薬機法違反になります。医薬部外品も扱うのは厳禁です。

治療や服薬のニュアンスを持たせるのは危険と言えます。医薬品認定は監視者がいて、その人が決める。見られたらアウトという結果もあり得ます。

例えばウコンの力のような、飲酒前に飲んで悪酔いを防ぐもの。これは普段意識しませんが医薬品扱いになります。素人が扱ったら不味いです。

身の周りには医薬品かサプリメントか判断が付きにくいものも多いです。紹介する場合は最初に確認すべき所になります。

トマトジュースはスーパーでも売られており、食品の扱いになる。そのまま紹介するのはいいですが、これを二日酔いに効果があると謳うのはグレーです。

二日酔いのメカニズムやトマトの薬理作用。必要量などを正しく明記した上で宣伝するのは通るでしょう。

ユーザーが正しく公平に利益を得る。その為の情報発信が薬機法対策にもなります。嘘やいい加減なデータは薬機法に引っ掛かる危険を生みます。

違反者は逮捕という実例

アフィリエイターで薬機法に触れて逮捕者も出ています。医薬品は厳重な扱いを要するので、安易に触れると泣きを見る世界です。

今年も14件逮捕が出ているようです。多くが新型コロナの治療効果を謳い、その根拠の乏しさや治験が行われずに未承認であるのを理由として起きている。

東京都で3月末に、健康食品を販売する企業の経営者2人が薬機法違反で書類送検されています。

ECサイトのネット広告で「新型コロナウイルス対策」「ウイルスの増殖機構を阻害し、ウイルスの増殖を抑制する」など、機能性を表示したのが原因。

神奈川県では昨年9月に、フリーマーケットサイトでビタミン配合のサプリを販売していた人も書類送検されています。

こちらも宣伝広告に、コロナに対する効能・効果を表示していたのが理由だそうです。売上金額は数千円~数万円程度で捕まったという話です。

愛知県では2月に、石鹸を販売していた女性が捕まっています。無許可でシャネルのブランドマークに似たロゴ入り石鹸を売っていたようです。

売る時にコロナ対策を謳ってもいたとか。これも薬機法違反に該当します。

アフィリエイターも同様の宣伝をして商品紹介をしたら、薬機法違反で罪に問われます。アフィリエイトでも同様の事例は発生しているみたいです。

コロナ禍は厄介ですが、そこに商機を見出す人もいます。しかし、コロナはウイルスで病気です。直接関わるのは医薬品であり、医薬品は一般人には扱えません。

やはり病気の治療や対策を謳うのは危険と言えるでしょう。素人はそこに手を出すべきではありません。

サプリメントの種類

サプリメントは多種多様ですが、ざっくりと3種類に大別出来ると思います。

栄養補給を目的としたもの。ダイエット効果を期待出来るもの。微生物による健康増進を考えたもの。

サプリメントは食品なので、カプセル以外にも様々な形や状態を取ります。飲料だけ集めても種類は多いでしょう。

サプリメントの種類。これを締めに書いて終わりとしますね。

栄養補給系

多くがこのタイプです。足りない栄養素を補給する目的で口にします。野菜不足やミネラル補給が多いです。

野菜は豊富な繊維質とビタミンを備えている。一方で野菜ごとに大きく異なり、必須ビタミンを摂るにはかなりの野菜を必要とします。

緑黄色野菜と呼ばれる野菜類は色が濃く、カロテン(ビタミンA)やビタミンCやEを豊富に含みます。スタミナと関わるビタミンBを含むものもある。

大豆は植物では珍しく、かなりのタンパク質を摂取出来る野菜です。おからにすると繊維質が非常に豊富となります。

これを原料として野菜ジュースやビタミンのサプリメントは作れられている。野菜代わりにするのは微妙ですが、必須ビタミンの摂取には役立ちます。

他には身体の水分や臓器の働きに関わる電解質。これらはミネラルとも呼ばれ、水分と共に摂取される栄養素です。

血圧やホルモンバランスに影響が強い為、過不足無く摂れるのが望ましいです。ミネラルのサプリメントも需要が高いです。

ダイエット系

食事のカロリー制限をすると、必要な栄養素が不足することも。動物質の食品はカロリーが高いが、必須脂肪酸や良質なタンパク質を多く摂れます。

カルシウムも小魚や牛乳など、動物質から摂る方が吸収が良いです。ダイエットするとこれらの食品を控えるようになるので、栄養素が不足する場合もある。

カロリーを抑えつつ、必須な栄養素は摂りたい。この需要に応える目的で作られたサプリメントもあります。

あるいは食事に含まれる糖質や資質。これの吸収を抑えるサプリメントもあります。吸収されなければカロリーは控えめとなるからです。

繊維質は糖質の吸収を緩やかにしたり、腸内で善玉菌の増加に貢献します。ものによっては資質の吸収も阻害することもあります。

ポリフェノールもカロリー摂取を抑える働きをするものがある。こういった栄養素を濃縮したサプリメントはダイエット効果を持ちます。

微生物による健康増進もサプリメント

身体に有用な菌というのもある。多くは乳酸菌と納豆菌です。これを詰めた食品もサプリメントになります。

乳酸菌はヨーグルトに代表される微生物で、人体にも大きく関わる菌です。腸内で悪玉菌を減らし、善玉菌として健康に寄与する働きがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは肌も免疫も弱い。そのままだと空気中にいる病原菌の餌食にされますが、赤ちゃんの肌は乳酸菌が覆っています。

乳酸菌のバリアーが赤ちゃんを包むことで、病原菌の侵入を防いでいる。粘膜にも乳酸菌は存在し、これも赤ちゃんを病気から守ります。

乳酸菌は種類が多く、主に消化や免疫機構と強く関わりを持ちます。美肌や美容にも関わるので、女性の方が関心が高いでしょう。

もう1つは納豆菌です。納豆菌は納豆を作る微生物で、稲藁にたくさん付着しています。熱に強くて他の雑菌の増殖を抑える働きを持つ。

納豆菌が大豆を分解し、消化吸収しやすくします。体内に入るとその粘性で雑菌を絡め取り、体外に排出する働きも持ちます。

悪玉菌を捨てて善玉菌を増やすのが納豆菌です。 また、消化酵素を作るので、人体に不足しがちな酵素を補う作用もあります。

産業でもこの2つの菌はよく利用される。乳酸菌飲料や環境負荷の低い農薬、水質改善にも役立つ微生物です。

これ以外にも有用な微生物は存在します。酵母菌などもサプリメントの1つとして扱われています。

目的に合った利用方法や効果を示す

コンセプトはペルソナの設定と同じだと思います。発信する対象を決め、それに沿った記事や商品紹介をやっていく。

野菜不足の人向けに、ビタミンやヘルシーなサプリメントを紹介する。それに関するknowクエリ記事をたくさん作り、有益な情報を届ける。

実際に使っているなら、方法や工夫などをまとめたDoクエリ記事も書けるでしょう。どんな効果が出たかも書くと説得力が増します。

発信対象をはっきりさせることが、サプリメントの信用を高める結果に繋がるでしょう。記事の質も良いものになる筈です。

目的に合った利用法や効果。これの比較や明確化がユーザーの需要と重なると思います。サプリメント以外でも通じる話かと。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA