ドメインとサーバー

アフィリエイトに必要なサーバーの契約。無料で出来る場合はあるの?

アフィリエイトブログを作る上で必須なのがサーバーとドメインです。

ドメインがリアルなら住所に当たり、サーバーが家や建物に相当する。家と住所が揃って人は住めるし、仕事も出来ます。どちらも無いとブログもアフィリエイトも始まりません。

サーバーには有料と無料のものがある。ワードプレスを導入するのにサーバーは必須ですが、これに対応しているか否かもサーバーで変わってきます。無料だと非対応の場合がある。

少しでも安くサーバーを使いたいというのは万人に共通。無料サーバーはその点で魅力があります。

しかし、無料でサーバーを使ってアフィリエイト出来るかという問いに答えると、

「可能ではあるけど不都合も多い。本格的なアフィリエイトブログやサイト目的では使えない」になる。

近年、検索エンジンのGoogleは無料ブログを評価しない傾向に進んでいる。コンテンツの独自性や質に重きを置く姿勢を見せるようになったと言えるでしょう。

無料ブログやサイトは、サービスを提供する運営会社の持ち物と見なされます。あなたが頑張って作ったブログも運営会社の提供するコンテンツとして一括りにされる。

無料ブログの評価が下がるのはこの点が大きい。大きなコンテンツの中の一部と、あなたが作成した独自のコンテンツでは見方が全く違う。有料ブログやサイトが評価されるのはここですね。

有料ブログを使うには有料のサーバーとドメイン(独自ドメイン)を必要とする。しかし、高くないとはいえ有料で始めるのってちょっと躊躇がある。最初は無料で始めてみたいという気持ちも理解できます。

無料サーバー→有料サーバーの流れは有りなのか? 私はどちらも有りだと思います。

初めから本格運用を考えて有料サーバーを使う。最初はお試しで無料サーバーを使い、慣れてきたら有料に切り替える。どちらもOKでしょう。

但し、無料サーバーは最初は使いやすいですが、長期的に見るとデメリットが大きくなります。

有料サーバーはお金はかかるけど、その不安を解消できる所で大きく勝る。アフィリエイトブログは長期的に収益を作ることに意味や価値があるので、無料サーバーでは段々不都合が大きくなる。

これだけだと分からないと思うので、無料ではなく有料サーバーを推奨する理由を紹介します。

アフィリエイト初心者は特に参考にできる内容だと思います。無料サーバーは有料サーバーとは違う視点や目的で選択すべきものと考えると分かりやすいでしょう。

無料レンタルサーバーは存在する

無料レンタルサーバーはいくつか存在します。有料のサーバーを提供する会社が無料プランで出していたり、個人で小さなサーバーを共用する目的で提供されるパターンがこれです。

無料なので扱い自体はライトな感じでしょう。しかし、メリットも見れるがデメリットも大きい点で推奨できないのが悩み所。

その点をまとめていきます。

無料でレンタルできるのが特徴

無料レンタルサーバーのメリットは1つ。無料で利用でき、ブログやサイトを作れるというもの。
つまり、月額費などのサーバー維持費を払わずに済む点です。

ザっと検索をかけるとヒットしたのは、「XFREE」「スターサーバーフリー」「XREA」「スタードメイン無料サーバー」の4つ。

見たいポイントをまとめるとこうなります。

月額料金容量広告表示商用利用独自ドメインサポートワードプレス対応
XFREE0円2GB有(弱い)対応
スターサーバーフリー0円2GB有(弱い)非対応
XREA0円1GB有(弱い)対応
スタードメイン
無料サーバー
0円3GB有(弱い)対応

アフィリエイトブログやサイトはワードプレスを利用します。ワードプレスに対応しないスターサーバーフリーは使えない。他のサーバーは対応しているので、ライトな利用ならお試しもありです。

広告が自動挿入されるのはXFREEとXREA。ブログを作る時に外観を損なう恐れがある。独自ドメインを持てるものもありますが、数は制限されます。

サポートもあるけど貧弱な模様。サーバーの容量も小さいので、データが多くなると動きが悪くなる。

これ以外にも無料のレンタルサーバーはあります。これらと似たり寄ったりな性能だと思いますが。

ブログやサイト運営の勉強用?

無料サーバーと有料サーバーの違いは主に次のようになる。

無料サーバー有料サーバー
費用0円年間1000円~
安定性・容量低い・少ない高い・多い
ワードプレス非対応の場合有対応
広告表示自動表示される非表示
商業利用の可否不可の場合有り可能
独自ドメイン非対応の場合有対応
サポートの有無
プログラミング言語PHP・MySQLなどに制限あり無制限

無料サーバーでも一部ですが、広告非表示・独自ドメイン対応・商用利用OK・サポートが全て揃うものもあります。それでも希少なので、期待はしない方がいいです。

個人がサーバーの勉強目的で運営しているケースもあり、不安定な運営や利用条件の制限があるなどの特徴が見られる。

ブログやサイトを本格運用する前の試験として使う。アフィリエイト目的で複数のブログに少量ずつ記事を掲載し、アクセスが集まりそうなブログを見定めるといった、テスト的な使い方で利用されることが多いです。

無料サーバーのポイントは「無料で試験的なブログやサーバーの運用が試せる」になるでしょう。

アフィリエイトに無料レンタルサーバーは使いにくい

デメリットもある無料サーバーですが、アフィリエイト目的となるとそれがとても大きくなります。稼ぐブログやサイトを作るのに全く不向きな理由がこのデメリット。

アフィリエイトはネット上におけるブログやサイトを店として作り、昼夜問わず紹介を行うことで収益を得るビジネスモデル。店なので安定的な運用が必要になります。

無料サーバーはこの安定性や長期運用に難がある。これをさらに掘り進めていきます。

サーバーの安定性・容量が低い

無料のサーバーは、PC1台のハードディスク容量を複数のユーザーで共有する。

容量的に有料よりもグッと少ない。個人で運営していることもあるので、会社提供の有料サーバーとは比較になりません。容量が低いとパソコンのスペックは落ちる。サーバーもそこは変わりません。

無料ユーザーは少ない容量内に多くのデータを保管しがち。なので、サーバーも不安定になる場合が多い。

また、ユーザーの容量が許容量を超えた場合、サーバーを増強する費用を出せないなどの理由で、突然サービスが終了するケースがあります。ブログも一緒に消えてしまうのは怖い。

無料サーバーで使える容量は平均0.003〜1GBと非常に低容量です。有料だと数十~数百GBと段違い。

長期的に運用する場合、途中で容量が不足してしまう可能性があります。最初は良くてもすぐに行き詰まる。

レンタルサーバーはコース料金に比例して多くの容量を使えるように設計されています。サーバーの運営維持や増強にもお金がかかる。お金を出してくれる相手を優遇するのは当たり前です。

有料のサーバーと比べて安定性や容量が低い。長期的な運用が厳しいのが無料サーバーの欠点です。

広告が自動表示される

サーバーの維持にも費用が必要。運営者や業者が利益が出ない一部の無料レンタルサーバーにおいて、ユーザーのブログやサイトに広告を表示し、広告収入を得ようとするケースもある。

無料ブログと同じ理屈です。運営費の捻出の為の広告表示。

自分のブログではあるけど、会社やサーバー提供者のものでもあるから起きる。これを防ぎたいなら無料サーバーは向かないでしょう。

余計な広告を表示させたくない場合、広告が表示されない無料サーバーや有料サーバーを選ぶしかありません。

商用利用(アフィリエイト)が出来ないケースがある

一部の無料サーバーでは、規約によって商用利用が禁止されている場合がある。

商用利用に含まれるのは、ブログでの商品販売や実店舗のサイト開設だけでなく、個人ブログでのアフィリエイトも対象になります。こうなるとブログアフィリエイトは成り立たなくなる。

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトを使った、ブログの行間に広告を挟むタイプのアフィリエイトも含まれる。物やサービスを売ることが出来ない無料サーバーを選ぶとドツボにハマります。

さらに、独自ドメインを取得・使用できない点も良くない。

独自ドメインならブログサービスを変えても消失せず、ブログの引っ越しがスムーズにできる。あるレンタルサーバー会社がダメになっても、別の会社サービスに乗り換えできる点は有料の強み。

無料ドメインしか使えない無料サーバーは、サービスが終了すればブログも消滅します。引っ越しも難しい。

一部の無料サーバーでは独自ドメイン設定ができる場合もあるけど、有料程融通は効きません。

これはブログなどの存続を考えると致命的なデメリットです。

サポートが無い。サービスの終了の恐れ

無料サーバーは運営者にとって利益が出ない。故に、サポート体制が用意されていない場合がほとんど。

何かの原因でブログやサイトにアクセスできないといった問題は現実に起こる。なので、サーバーに問題が起きた場合は自力で対応しなければ復旧しない。

対して有料サーバーの場合、電話サポートなども含めて充実したサポート体制を用意している。

トラブルの対応に自信がない人は有料サーバーを利用するのが無難です。サーバー復旧できる人はそう多くないでしょうし。

無料サーバーは有料サーバーよりも収益性が低いので、サービスを終了してしまう可能性もあります。

20年近く続いた、無料ホームページ作成サービスのYahoo!ジオシティーズ。これが2019年に閉鎖されたのが大きな例。終了して真っ青になった人もいると思います。

サービスが終了すると最悪の場合、ブログやサイトの取り出しが不可能なケースもあり得ます。

さらに、取り出せてもドメインが変わる為、これまで閲覧してくれていたユーザーとの関係性も検索エンジンからの評価も無くなってしまう。

自分の努力が詰まったブログの価値が地に落ちるのは辛すぎるでしょう。

まとめるとデメリットはこうです。

  • サーバーの安定性・容量が低いので長期運用が難しい
  • 広告が自動表示されるので、ブログの見栄えや構成が崩れる
  • アフィリエイト出来ないケースがある。独自ドメインが取れない
  • サポートが無い。サービスの終了の恐れがあって危険

無料ではないけど、有料で安いサーバーを使うのが効果的

無料サーバーの欠点がアフィリエイトに及ぼす影響は大きい。なので、お金は必要経費と考えて有料サーバーを契約すべきです。

お金がかかるのが嫌なのは分かる。しかし、この点を押さえれば稼げるブログやサイトの構築にグッと近づく所でもあります。少しでも安い有料サーバー使うことでこの不満を抑えられるでしょう。

有料サーバーを使うメリットを上げていきます。無料と比べてメリットが大きく勝ることが分かるでしょう。

サーバーの安定性・容量に安心感

有料サーバーは容量が100~200GBあります。さらに増強することも可能。

ブログもサイトも更新を重ねていく内にデータ量は増えていく。無料サーバーだとすぐにいっぱいになってしまいます。有料だとその点をクリアできる。

ワードプレスの動作が軽快か否かは、サーバーの容量に依存しています。料金が高くなる程利用できる容量は増していく。複数でかつ画像やデータが多いサイトを運用するなら、有料の高いプランを契約すべきです。

レンタルサーバーはディスク容量以外に、転送量も制限がある。転送量とはサーバーに入れた画像やテキスト動画などのデータが閲覧される際、ネットを通じてやりとりされるデータの総量を指します。

これはサイトの閲覧やサイト上ファイルがダウンロードされることで消費されていく。

制限がかかるとダウンロードに非常に時間がかかったり、Webページの表示が遅い・表示されないなんてこともあります。

多くのユーザーに安定して使ってもらう方が喜ばれるのはよく分かる。いいコンテンツもこの一点が無くなると台無しです。ここはケチらず、ちゃんと有料サーバーで解決すべき所だと思います。

広告が自動表示されない

無料サーバーは広告の表示エリアが決められている。自分のブログのレイアウトが崩れる、デザイン的な問題や表示される広告のジャンルを指定できないといった問題があります。

釣りについて書いたブログなのに独自ドメインの広告が表示されるなど、ブログやサイトの内容に適さない広告が表示されてしまう可能性もある。

エロ系広告のような、ブログの品位に関わる広告が表示された場合、運営側の信頼も低下してしまうかもしれません。検索エンジンもそれを弾く危険性があります。

また、自分のサイトにユーザーを集めたにも関わらず、ユーザーが自動表示広告に目をとられる。肝心の記事内容や紹介した商品に目がいかないといったトラブルも考えられます。

有料サーバーはこの問題を全て払拭できます。

アフィリエイトが可能・独自ドメインを持てる

無料サーバーは商用利用ができない。仮にできたとしても制限付きなど、運用しにくいケースが多い。

有料サーバーは商用利用を許可していることがほとんどです。アフィリエイトで稼ぎたいからブログやサイトを作るのに、これが出来ないのは話になりません。有料サーバーを使う理由はこれも大きい。

但し、コンテンツ内容に制限があるケースもあり。アダルトコンテンツや知的財産権など、他者の権利を侵害する可能性のあったり、犯罪を助長するようなものなどがこれに該当します。

商用利用OKと言っても、利用規約などで禁止されている場合もあります。その点はちゃんと確認すべき所。

独自ドメインを取得・使用できる点も重要です。独自ドメインの存在は一種の信頼性の証。

これを用いて質の高いブログやサイトを作成していけば、検索エンジンから評価されてSEOの面でもドメイン自体の価値が高まります。

仮にサーバー会社を乗り換えたとしても、新たに独自ドメインを割り当てることで使い続けられるのも強力。

故に、ビジネス目的でブログやサイトを構築するのであれば、独自ドメインに対応しているサーバーを選択するのが良い。ドメインと相性の良いサーバーを選択するのも重要です。

サポートが充実。PHP・MySQLに対応している

有料サーバーの場合、電話サポートなども含めて充実したサポート体制を用意しています。

24時間毎日など、随時電話対応を受け付けている所もある。メールでも聞くことが可能です。いつでも聞けるならトラブルは無いも同然。

トラブル対応に自信がない人は有料サーバーを使うべき。サーバー料金は一種の保険金になります。

サーバーという自分の分身が、けがや病気になっても大丈夫なようにかける保険のイメージ。

また、最近のサイトではワードプレスを筆頭に、手軽にページ作成やコンテンツの管理ができるCMSの仕組みが整備されている。「お問い合わせフォーム」とかはこうやって作られています。

これらは、柔軟にコンテンツを生成できる仕組みを作れるプログラム言語「PHP」や、データベースシステムの「MySQL」に対応していることで出来る。非対応サーバーでは不可能です。

CMSの仕組みは不要で手動で更新する。固定のHTMLのWebページをサーバー上にアップするだけ。サーバー会社が用意したCMSを利用するのであれば必要ありません。

自分で作りたいならやはり必要になります。運用していくと作りたいCMSも出て来ると思うので、これもあった方がいい。

ブログのSSL化がしやすい

SSLとは通信暗号化技術のことで、やり取りされる個人情報や決済情報などの窃取・改竄を防ぐための仕組みです。暗証番号を設定して不審なアクセスをロックする仕組みに近い。

WebブラウザでトップシェアのGoogle Chromeで、SSL非対応のWebページを表示させると警告文が表示されます。「このサイトは安全ではありません」といったメッセージ。

その為、ユーザーが警告文を見ると不安や信頼性に疑問を感じてしまうかもしれません。

また、GoogleはSSL対応ページを優遇表示すると公表しており、SEOの観点からもSSL対応は推奨されている。サーバーもSSLに対応している方がSEOで有利になります。

SSL対応をするには、SSL証明書をサーバーにインストールする必要がある。

これはサーバー会社が無料で提供してくれるケースや、より信頼性の高い認証局発行の証明書を購入するケースなどがあります。

認証局が発行したSSL証明書のインストールが可能か否かはサーバーの仕様によって異なる。無料サーバーだと非対応のケースが多いです。

アフィリエイト向きの有料レンタルサーバーのポイント

アフィリエイトに向く、有料レンタルサーバーのポイントを上げます。

「運営費の安さ」「ドメインとの相性や管理のしやすさ」「サーバー運用の信用性」の3点です。

有料サーバーを使えば大体この3点は揃うと思う。しかし、サーバー会社間でも似たプランで料金が変わったり、同じ料金でも付いている機能が違うこともある。

上記の3点を満たす有料サーバーが、あなたのサイトやブログを強くサポートしてくれることでしょう。

運営料金の安さ

決め方として、単独のブログを個人で作るなら最安のプラン。複数持ったり、法人が大容量のサイトを作るという場合は大容量の高いプランを選ぶのがいい。

高くはないけどやはり運営費は発生するのが、有料サーバーのデメリット。なるだけ安く使えるように工夫するのが大事です。複数のブログを持つ場合でも、安いプランで対応出来るケースもあります。

サーバーとドメインの一括契約で安くなることも。まとめ払い制度を使って月単位の利用料を抑えるといった芸当も出来ます。後で月払いから変更可能なので、状況に応じて対応を柔軟に出来るものは魅力的。

予め大き目の容量を持つサーバーを契約しておくのにもメリットがある。1つのサーバーで複数のサイトを作る場合の話です。

サーバーはいくつも独自ドメインを紐付けられるので、複数のブログやサイトの運用を考えた時に乗り換えの手間や料金を安く出来るといった側面がある。何個もサーバーを持つよりも安上がりです。

こういった運用上におけるお金の部分。これを見て決めると満足いくブログ運用が成り立つでしょう。

ドメインとの一括契約・独自ドメインとサーバーの相性

ドメインとサーバーはどちらもブログやサイトに必須。まとめて取得しとく方が管理も楽です。管理を怠るとかなり不味い事態になるのもある。

レンタルサーバーではお名前ドットコムやバリューサーバー、さくらサーバーなどでドメインとの一括契約が出来ます。Xserverでも最近は一括で出来るようになりつつある。

意外とドメインとサーバーの更新を忘れてブログやサイトが凍結することって多い。管理元が違うとその問題は起こりやすくなります。一元化すると防ぎやすいのはリアルでも同じではないでしょうか。

複数のブログやサイトを作るなら、一層サーバーの管理は重要になります。この点が抜けていると思わぬ落とし穴に落ちる。一元化しておくメリットはもっと強くなる。

サーバーとドメインにも相性があります。A社のサーバーにマッチするドメインは、A社が提供しているドメインである場合が多い。A社のサーバーとB社のドメインではマッチしないというパターンもあります。

マッチしないサーバーとドメインを選んでしまうと、思うようにワードプレスを導入・運用出来ないケースも出て来ます。頑張ろうと思う気持ちを挫いてしまう。読み込みが遅いのって萎えますよね。

サーバーを契約するならドメインも同時に取得してしまう。この方がリスクヘッジになります。

サーバー運用における信用性

有料サーバーは無料サーバーのデメリットを解消しているサービスと見れる。

機能面だけでなく初心者が躓くポイントのサポート、マニュアルの完備が為されている。お金の分だけ、サービスとしてのレベルや質に信用性があることは間違いありません。

容量が多くてワードプレスの運用がスムーズかつ安定する。サイトを複数持つなどコンテンツ量が膨大になるなら、より容量が大きい契約プランに乗り換えが楽に出来る。

運用上におけるスムーズさやトラブル対応。これらを完全に対応出来るサーバーを見つけるのが良いと思います。運用に不備があると運営者もユーザーも不安や信用を無くしやすい。

これらの点を踏まえてサーバー選びに活用していくと、失敗しにくいと思います。

今回も本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA