アフィリエイト

アフィリエイトでライバルが強い場合の対応

アフィリエイトでライバルサイトやブログの存在は見逃せない。どうあがいても競争からは逃げられません。

アフィリエイトは資本主義的な感じがします。どこまでも資本や信用を持っている者が強い。肩書では無く、能力やスキルが稼ぎや注目度に反映されて来ます。

中卒でも稼げるが、大卒や院卒でも稼げない。アフィリエイトが示すものは実力主義だと感じます。学歴や職歴はアクセント位の意味合いしか持たない世界。

資本主義は機会の平等がある。共産主義は結果の平等になる。こんな言葉があります。

機会の平等はチャンスは誰にでもあるという意味で、結果の平等は頑張りに関わらず、リターンが変わらないという意味です。

資本主義は良くも悪くも頑張りで決まります。頑張らない者に良い結果は与えられない。実力主義的なのが資本主義です。アフィリエイトもそんな印象がある。

資本主義はライバルの存在があります。ライバルが強い程、競争は激しくなる。強い人はライバルに勝てる人を指します。

競争至上主義は良くないけど、健全なルール化での競争は社会の発展を促します。ライバルは正しい意味で自分や社会の進展に貢献する存在だと思う。

一方でライバルが強いのは悩み所でもあります。強い相手には勝ちにくいのが普通です。ライバルが強いとやる気が出なかったり、結果が望みにくいことだってよく起きる。

アフィリエイトしていく上でライバルとどう付き合うか。永遠のテーマな気がしますねこれ。ビジネスにライバルが付き物ですが。

強い所や強い相手。彼らをどう見てどう対処していくかはとても重要なことです。

アフィリエイトでライバルが強い場合の対応。これを考えていきましょう。

アフィリエイトでライバルが強いケース

アフィリエイトでライバルが強い。それはジャンルだったり、運用年月だったり。

アフィリエイトは時間も結構味方する要素になって来ます。長い方を信用するのがGoogleのアルゴリズムです。

ライバルサイトのジャンルや運用年月。これで強いか弱いかも分かれて来ます。

人気ジャンル

求人や転職系はずっと強い。不況や新型コロナの解雇でニーズは途切れない環境が続いています。

美容系や健康系は女性が多いでしょう。関心も高く、選びやすい商品も多いです。女性が選ぶジャンルでは真っ先に上がる1つと言える。

クレジットカードや金融商品は高額案件も見込めるジャンル。クレジットカードはセルフバックも多いので、手始めに記事を書いたりする人もいます。

金融商品は専門知識が要る部分もあるが、種類も豊富でその分野の人にはやりやすい。

男性向けは髭などのメンズ美容系もあります。髭だけでもかなりの商品はあるので、特化したブログもある位です。アダルトな分野も男性が取り組む場合が多いでしょう。

中高年だと老後や社会保障への関心が高まるので、保険ジャンルは人気が高まります。日本は保険大国であり、多くの商品があるので取り組めるものは多いと思う。

最近はYoutubeの興隆もあり、動画系やYoutuberのコンサルも出て来ている。上記程は人気で無いけど、これから人気が出て来ると考えられるジャンルです。

この他にも人気商品を含んだジャンルはあります。それを扱ったサイトやブログがライバルになると、競合しやすくなるのは否めない。

人気=ライバルが多い可能性が高い。故に、人気ジャンルを選ぶとライバルが強い傾向はあります。

大手や企業サイトが多い

大手企業や公共団体は、ドメインからして個人とは比較にならないパワーを持つサイトを作っている場合が多い。

企業が取得するドメインと個人が取るドメインでは、ドメインの種類も持つパワーも違うのが普通です。同じ更新内容なら企業サイトが勝つようになっている。

企業や法人サイトは、自分達が運営する会社や商品・サービス内容を書いているケースが多いです。その為、サイトの独自性が極めて強くなる特徴があります。

また、ネットにおける会社の顔とも言える部分なので、吟味して嘘や誇張が無い内容をサイトに掲載します。故に、専門性や権威性も自然と高いサイトとなって来る。

権威性と専門性。加えて強固な独自性が来るので、ライバルとして非常に強い存在となります。ドメインパワーも個人の比ではありません。

運営年月が長い

権威性は運営年月も関係します。老舗とぽっと出なら老舗が信用される。

運営開始から1年以上経つと、Googleはその運営者のブログやサイトの評価を上げる特徴があります。老舗と見做してくれるようになる。

年月が長い程、運営実績があると見て評価を高める。初心者がすぐに稼げないのは、こういった権威性が壁となって上位表示をブロックして来る側面があるからです。

もし取り組んだジャンルや分野、キーワードで老舗のサイトが並んでいた場合、同じような内容だと上位表示は難しくなります。

Googleの最近のトレンドは、専門性=権威性≧独自性といった感じで質を評価しているように見られます。

独自性もいいけど、権威性や専門性がまずあるかを確認している。独自でも信憑性が無いと評価されません。

ライバルは権威性は強い傾向がある。雑記ブログでも何年も運営していれば、権威性が発生して来ます。故に、権威性以外で上回る要素を出すのが、勝つコツになります。

アフィリエイトでライバルが強い場合の対応①:戦い方を変える

アフィリエイトでライバルが強い。それなら戦い方を考えないといけません。

数の多い正規兵相手に真正面から突撃。確実にやられます。寡兵ならそれなりの立ち回りが必要です。

戦い方はここで効いて来る。アフィリエイトでも同じ側面があります。

ライバルが強い場合。戦術を変えて戦うのが解決の1つになります。

字数を増やす

多く書けばいいものでは無いけど、文章量は結構質も兼ねて来る部分があります。

ポイントは関連性を持つことを文章に埋め込んでいくこと。食べ物の話の中に職場や働く悩みを入れると不自然で、蛇足になります。

関連性の無い話を入れていくと、Googleは専門性が薄いと見て評価してくれないケースもある。なるべく関係性を持たせた内容を入れて膨らましていくのがいいです。

文字量を増やすのにいい方法があります。会議でもやるかもしれないけど、何でもいいから案を出させる手法を取り入れてみること。

お題は何でもいいので思いつく限りを書き出してみる。例えば掃除の絵を見せて、どこを掃除する時に危険があるかを洗い出させる感じです。

棚の上を掃除するなら、脚立が必要ですね。脚立は保持者がいないと使えない場合もあります。舞い上がった埃が目や鼻に入らないような防塵対策をしておく。

戸棚のガラスを割らないよう、掃除の姿勢や体勢は気をつけないといけません。通る人が脚立や掃除用具に足を取られないよう、注意書きや告知はしておくのが親切。

こういった感じで、考え付くことを洗いざらい出してみる。そうすれば文章はどんどん膨らんでいく筈です。

関連性も高いことが多い。なぜなら、お題から考えだしているからです。根っこがお題だから当然の話ですが。

文章量を増やす。時に量は質を兼ねることもある話です。

見出しを増やす(増幅・整理)

文章量が多いと内容を見るのに時間がかかりやすい。その問題解決には、見出しを増やすことが効果的です。

大見出し(H2タグ)の下に、複数の小見出し(H3タグ)が付いている。

ここで言うなら「ライバルとの戦い方」が大見出しで、その内容に沿った小見出しと文章が付いてくる形です。

これが見出しの区別無く文章を綴っているとしたら、とても読みにくい構成になっているでしょう。

文章や数式は区切りや緩急があるから見やすくなります。あまりに単調だと逆に見にくい。

同じライバルへの対処法でも、ここの「戦い方」と後述の「戦う場所」でまず区別を付けています。その方が読みやすいと考えているからです。

また、大見出しで書く内容を明確化することで、書きたいことや書くべきことをブレないように出来る効果もある。無いとブレやすいです。

小見出しは結構自由度があると思います。大見出しの枠からは外れないようにしつつ、書きたいことを詰めていくイメージで書いている。

書きやすくて内容もまとまった感が出る。大見出しと小見出しにはそういった効果があります。文章量が増えた際は整理の意味合いも出て来る。

ジャンルを絞る(特化させる)

何でも屋や何屋か不明なサイトやブログは、Googleの専門性重視に反する。評価されにくい特徴があります。

私が雑記ブログをあまり推奨しないのは、今後さらに権威性と専門性を問うアルゴリズムに、Googleが変化すると考えているからです。

専門性の高い内容を積み重ね、その分野のプロのような存在になる。権威はこうして生まれて来ます。何でも屋だとプロとは見なしにくいので、権威性獲得に時間がかかる。

権威には時間と積み重ねが要ります。一朝一夕では手に入りません。アフィリエイトで稼ぎ続けるには、権威性と専門性が必ず必要になって来る。

この分野はこの人に聞けばいい。こう判断されれば上位表示は簡単になるでしょう。上位表示されると見る人は圧倒的に多くなります。

専門性(+独自性)→権威性→上位表示→アクセスとPV数アップ。

流れ的にはこんな感じです。検索で見てもらうには上位表示がとても重要。上位に来ないと見てもらえません。

稼ぎと直結する数値でCTRというものがある。CTRとはClick Through Rate の略語です。

ユーザーに表示された回数(インプレッション数)の内、クリックした回数の割合を計算したものです。

クリックスルー率やクリック率とも呼ばれる。多い程、クリックされていて購入率も高い傾向が出て来ます。

ある統計では、上位3位までだと10%より高いCTRを持つようです。つまり、訪問者の10人に1人以上がクリックや購入に進んでくれているということ。

4位以下だと10%を切り、6位以下で5%を下回る。10位だと1.5%程だそうです。1位が30%を超えるとなれば、上位に入らないと稼ぐ目が出ないのは分かるかと思います。

いずれも専門性の高いサイト運営を前提とした話です。雑記ブログでは難しい内容だと思う。

専門性の高いブログやサイト。ジャンルがバラけているなら、1点に絞って更新していくのが大事です。

キーワードは3語以上を狙う

キーワードは長い程、ライバルサイトやブログが減る。全てのジャンルや分野に共通することです。

上位表示を狙うなら、3語以上の長さがあるキーワードを選ぶ必要があります。2語以下だと余程ニッチでは無い限り狙えない。

3語は最低限なので、4語や5語を狙えるならそれがベストです。但し、5語はほとんど見られないので、3語か4語のキーワードを探すのが現実的でしょう。

ブログ記事のタイトルや大見出しに使うキーワード。これが何語であるかを確認するのが、ライバルに勝つ為のポイントになって来ます。

自分が書きたいジャンルや商品。これに使われているキーワードが何語か。ライバルサイトやブログに2語は入っているなら、2語で上位表示は不可能に近いです。

例えば「髭除毛 クリーム ○○(商品名)」とした場合、既に同じ商品を紹介しているブログが幾つもあるなら、もう1語を加えたキーワードで記事を書く必要が出て来ます。

アフィリエイトでライバルが強い場合の対応②:戦う相手の選定

アフィリエイトでライバルが強いと分かれば、戦う相手を選ぶのも賢さになります。

本陣が手薄なら、少ない兵力で斬りこんでも倒せる可能性がある。倒せる相手を選べば勝ちやすいです。アフィリエイトでも全く同じ話になる。

ライバルが強い場合は、勝てる相手を選び出すのも重要なことです。

無料ブログになら勝ちやすい

勝てる相手に勝ちに行く。無料ブログは有料のワードプレスなら勝てる相手です。

Googleは近年、独自ドメインを評価する傾向を持っている。無料ブログは共用ドメインであり、独自ドメインより評価されにくくなって来ています。

仮に同じ内容なら、上位表示は有料ブログやサイトになります。検索をかけてみて無料ブログが並ぶキーワードやジャンルは狙い目。

独自ドメインを評価するのは、そのブログやサイトが運営者自身の持ち物であるのが確定しているからです。

無料ブログは無料と引き換えに、所有権がサービスを提供する会社に帰属している。サービス終了と共に消えるし、規約違反で容易に削除措置を取って来ます。

運営的に不安定感が強い。無料ブログにはその性質があります。仮に上位に無料ブログを置いておくと、ブログ削除で情報提供が途絶える危険性が高くなります。

独自ドメインにその可能性は低い。ゼロまではいかないけど、限りなく低いです。情報源として信用が置けるのが独自ドメイン付きの有料ブログ。だから上位表示されやすくなります。

大手サイトは避けた方が良い

大手サイト(企業や公共団体のサイト)は勝てない相手と思った方が良いです。店で言うなら老舗のブランドを持っている。

Googleは専門性と権威性を重視しているので、大手サイトはその点で圧倒的に有利な状況にあります。

余程、独自性や自信が無い限りは大手サイトが犇めくキーワードやジャンルは狙ってはいけません。

例えるなら竹刀でフルアーマーの重騎士に挑むようなもの。竹刀は全く効かないまま返り討ちにされます。

老舗を避けて同期を倒す

老舗は強い。ならば、老舗じゃない相手はどうでしょうか。

勝てない相手から勝てる相手に変更するのは、戦略として何も間違っていません。小さくても勝ちを拾いに行くのは大事なことです。

トレンドアフィリエイトはそこに則っている部分もあると思う。トレンドは出たばかりの内容だから、拾って書いても権威性は低いです。皆同じ条件になる。

皆の権威性が低いなら、後は自分の独自性と専門性(?)を活かせば勝てるでしょう。

同様に、出たばかりの商品や情報なら、まだ書かれていない内容で権威性も低い。それを書いている相手なら権威性で負けにくいです。

老舗では無い相手を探す。勝てる相手に勝つ戦術の1つになると思います。

独自性のある内容を詰める

あなたからしか得られない情報。この一点があるだけでも変わって来ます。

中身は上位サイトやブログと近いけど、あなたがそこにオリジナルな情報を加える。そうすると独自性を評価するGoogleの目に留まりやすい形になります。

注意すべきは嘘や信憑性の低いことは書いては不味い点。権威性は嘘や誇張を嫌う性質があります。いかに独特でも、それが嘘だと権威性を損ねる原因になります。

自分の経験や体験談。人から直に聞いた話。あなたしか話せない内容で信憑性が高いもの。

これを盛り込むと差別化になって来ます。読者も注目してくれる部分だと思う。

アフィリエイトでライバルに勝つには?

私は体育会系のノリは好きではありません。しかし、実力を磨くことは大いに賛成します。

強いライバルに勝つには、根本的に自分が強くなる必要があります。戦術も大事だけど、地力は馬鹿に出来ない要素です。

アフィリエイトでもライバルに勝つなら、それなりの積み重ねはやはり大切になって来る。強いとは、地力を蓄えた者であるのはアフィリエイトでも同じでしょう。

アフィリエイトでライバルに勝つ。その為に必要なのは、記事を書き続けることが一番だと思います。

記事を書き続ける(メインはこれ)

何度もお伝えしていることですが、結局、積み重ねた物がそのまま力になるのがアフィリエイトと考えていいと思います。

運用年月が長いとは、それだけ更新や運営を続けて来たと同義です。老舗となれば競争力が出て来る。

農業とアフィリエイトは似ているかもしれません。記事を書き続けるのは、畑や水田を耕して種まきしているようなもの。

ジャンル選定は蒔く種を選んでいるとも見れます。人参かブロッコリーか、やはりお米か。自分が育てられそうな種を選び、ブログやサイトという畑に蒔く。

記事を書き続けることで評価が出て来る。稲作なら稲穂が出て花が咲いたり、お米が実って来る段階でしょうか。ここでいいお米が出来るなら、ブログ運営は正しかったと判断出来る。

リライトやライバルチェックは、育ちが悪い原因の究明と対処と言える。いもち病やウンカが出て来たら、それを取り除くための薬や原因の排除が必要になります。

SNSの活用は、栄養剤や肥料を与えるようなイメージです。畑の栄養では足らない分を補う工程。

農業との違いは、いつ収穫の目途が立つかの違いだと思います。稲作なら6月に田植えなら10月には稲刈りが出来る。

アフィリエイトだと半年から1年を要するので、アスパラガスに近いかもしれません。アスパラガスは3年以上育てないと収穫出来ない野菜なので。

年に一度の収穫の農業と異なり、実が成れば何回も収穫出来る可能性がある点では優秀でしょう。

勿論、風水害や病気で全滅の悲しみもあるのが農業。アフィリエイトも成果が出ないとゼロ円のままなのは悲しい所です。

水田を広げ、田植えをして育て続ける。そして実る稲が出て来るのを待つ。

アフィリエイトで記事を書き続けるのはこんなイメージでしょうか。実りは成約やクリックがされた時です。

水田が大きい程、実った時のリターンも大きくなる。水田の大きさがドメインパワーのような感じでしょうか。

農業も続ければノウハウや感覚が身に付いてくる。記事やコンテンツを作り続ければ、慣れてスピードや質が上がるのと同じことです。

最初は記事を書き続ける。ある程度確立してから次を見ていけばいいと思います。焦らず地力を磨いていくのが、最後は勝ち抜く力に変わっていく。

リライトは時々でいい

リライトの頻度は半月から1ヵ月に一度(一記事につき)がいいでしょう。あまりいじっても結果は分かりにくいです。

Googleはすぐに結果を反映してくれる訳では無い為、半月位は置かないと結果が分からないケースが多い。

ポイントは構成。文章量が上位サイトやブログより少ないなら、見出しを増やして中身を厚くする工夫が要ります。

タイトルだけで無く、大見出しもキーワードは必要です。Googleはそこも注目するポイントとしており、大見出しが無関係に見えると評価を下げてしまう。

後述のライバルチェック後に、加えるべき内容や改善を見出して入れていく。これを半月から1ヵ月に一度行えばいいでしょう。

ライバルチェックはサブのサブ

特に初心者にありがちなのが、ライバルを気にしすぎることです。

確かに戦場や戦う相手を吟味するのはとても大事。しかし、戦略を語れるのは一端の将軍になってからになります。

初心者は兵隊で言えば一兵卒です。将棋なら自陣の最後方にいる歩兵駒でしょうか。

歩兵は敵陣に突っ込まないと使い物にならない。裏返ってと金駒になればかなり強くなります。叩き上げの将軍になったイメージかな。

闇雲に突っ込むのはダメだけど、考えすぎて動けないのもいけません。方向性を決めたら考えを捨てて行動するのも賢さの1つです。

先述の書き続けなさいという話は、歩兵が将軍に成長する為のステップに相当します。どんな名将も初めからすごかった訳ではありません。

場数を踏んだことで経験が彼らを磨き、戦略や戦術を練れる名将に変化させている。時にバグみたいな天才も出ますが、それは特殊例で参考には出来ません。

勝ちも負けも経験し、自信と確信が名采配や指揮を作りだす。ライバルを気にするのは、ある程度記事を書いた状態からにすべきだと思います。

上手い人を真似する

ライバルチェックはシンプルです。上手い人を真似していくこと。Youtubeでも売れるYoutuberに習うのが成功の道と言われています。

アフィリエイトなら決め手はキーワードや内容。文章こそが本体でその中核がキーワードになります。

キーワードが少ないなら増やす。上位サイトに書かれている内容を付け足す。

キーワードが2語なら3語に増やしてもいいでしょう。Googleサジェストキーワードのチェックは必要ですが。

キーワードが長い程、検索対象は絞られる。ライバルも減る為、上位表示されやすくなります。短いキーワードは大手や強豪サイトが入って来る。

あまり時間を書ける必要は無いと思う。それに充てる時間は、記事作成や記事ネタのチェックに使うのが大事だと考えます。

少しでも多くコンテンツを作る方が、ユーザーの助けになる可能性が高い。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA