リライト

アフィリエイト記事のリライトのタイミングとは?

アフィリエイト記事のリライトとは、以前に書いた記事に手を入れて中身を修正したり、付加価値を加える作業を意味します。

リライトとは直訳で「書き直し」ですが、アフィリエイト記事の全体を書き直す以外にも、手を加える行為をリライトと呼びます。

アフィリエイト記事の一部や画像を入れるなどの作業もリライトになるので、リライトとはコンテンツの質や中身を整えて価値を高める作業全般を指すと思っていいでしょう。

このリライトですが、毎日やると他の作業や生活に支障が出るので、定期的に行うメンテナンスみたいな感じで取り組むのが一般的です。

そのタイミングとは、「Googleのアップデート間隔」に合わせた時に行うのがいいと言われています。

アップデートとは、Googleがそれぞれのサイトやブログの掲載順位を決める、アルゴリズムと呼ばれるシステムの仕様を変えることを指します。

アルゴリズムとは、要はブログやサイトの採点基準と考えれば分かりやすいでしょうか。Googleという採点者が使う、評価基準のことをアルゴリズムと呼ぶと。

以前は良しとされたことが、今はそうはならないケースもあるのは、このGoogleのアルゴリズムがアップデートの度に少しずつ変化しているからです。

アルゴリズムという評価基準が変化する為、同じジャンルの媒体の検索順位が変動していきます。新しい基準で評価される媒体が上位に、外れたものが下位になるように動きます。

アフィリエイト記事をリライトする上で、新情報や今に合わせた中身への変更も大事ですが、より重視すべきはGoogleのアルゴリズムを読み取ることです。

この評価基準とは、文章以外にも色々な要素が入った総合的なものになっています。単に情報を文章にして詰めるだけでは足りず、言葉や画像を上手く使うことも求められる。

また、適切なタイミングでリライトを実施する必要もあります。記事の更新を続けつつ、過去記事もリライトして価値を高めることが、アフィリエイトには必須です。

Googleが読み取りやすい形にブログやサイトを変えることが、検索順位にダイレクトに関わります。機械の目に合わせたリライトをまず実践してみましょう。

アフィリエイト記事のリライト。そして適切なタイミングとは何時かを書いていきます。

アフィリエイト記事を投稿して検索結果に乗るまでの間隔とは?

アフィリエイト記事を書いて投稿しても、すぐに検索結果に反映される訳ではありません。結果に載るまでのラグが存在します。

ラグは数日単位のことが多いです。なぜかと言うと、Googleのクローラーが見つけるまでに多少の時間を要する為です。

クローラーとはGoogleが持つシステムのことで、検索結果を司る機能を持っています。

このラグとは即ち、Googleが記事やページなどのコンテンツを認識・評価するまでにかかる時間を指します。

言い換えれば検索結果とは、Google(のクローラー)が確認して採点した結果と言い換えられるでしょうか。

アフィリエイト記事が検索結果に反映されるまでの時間間隔。これを見ていきましょう。

最短で3日程かかる

アフィリエイトの新規記事を書いて投稿した場合、検索結果に反映されるまでには数日単位のラグがあります。

体感ですが、早くてもGoogleを始めとする検索エンジンが認識するには3日はかかっています。1日で反映されることはまずありません。

Googleはサイトやブログのページを見つける、クローラーという機能があります。クローラーとはパトロール隊みたいな存在です。

このクローラーがパトロールのごとくネット内を動き回ることで、コンテンツの発見・評価を行っています。ここで見つけて貰えば結果に反映される形です。

ネット上には無数の記事やページがあるので、クローラーもすぐに見つけ出すのはなかなか難しい。ずっと巡回はしていますが、それでも発見には時間がかかります。

自分の新規記事はネットにアップされたばかりなので、クローラーはその存在をよく知りません。故に、見つけるのに最短でも3日はかかる形になります。

遅くとも7日(1週間)で結果に反映される

3日で発見されなくても焦る必要はありません。もう少し時間がかかっているだけの場合がほとんどです。

遅くても1週間も待てば、自分の投稿したアフィリエイト記事が検索結果に反映されます。Googleも進化しているので、新規コンテンツの発見スピードは速くなっています。

記事やページの反映は数日単位ですが、サイトやブログが検索に載るのは月単位の時間がかかります。数日で反映されるケースは稀です。

統計では早くても3ヵ月位は、ブログやサイト全体が認識されるのに時間がかかっているデータがあります。長く見て半年はかかると考えていいと思います。

サイトマップをGoogleに送れば多少は早まる

サイトマップとはGoogleに「自分のブログやサイトの存在」を示すものになります。これがあるとクローラーの出動が早まります。

遭難者が救助を待つ場合、連絡手段があると無しでは救助のスムーズさが全く異なりますよね。この連絡手段に相当するのがサイトマップです。

「自分の媒体はここでこんな名称だよ」・「ここに新規コンテンツを上げたからチェックしてね」とGoogleにアピールするので、クローラーもすぐに見つけ出せる訳です。

最もコンテンツの数が膨大なので、アピールを受けてもすぐに動けるかは別ですが。ただ何も無いより早いというのは確かにあります。

サイトマップが無くても、Googleは貴方のコンテンツや媒体を必ず見つけてくれます。そのスピードを多少早めるのがサイトマップとなる形です。

Googleのツールを使う場合はサイトマップも送られている

Googleのツールは無料で使えるものが多いです。Googleアカウントを作成し、ブログやサイトを登録することで利用可能になります。

Googleの無料ツールであるサーチコンソールやアナリティクスは、登録の際に貴方のブログやサイトのサイトマップをデータ化します。

このサイトマップデータがGoogleに送られるので、Googleのクローラーも発見が早くなります。検索結果に反映されやすい方が運営者としては有難いですね。

Googleのツールはアクセス解析やリライトでも使うので、自然にサイトマップも作っている形になります。

アフィリエイト記事のリライトだともう少し早い

アフィリエイト記事をリライトした場合は、新規記事よりも早いことが多いです。長くても3日位で検索結果に反映されて来ます。

リライトは元々あったアフィリエイト記事に手を入れることを意味します。なので、新規記事と違って存在が一度はGoogleに確認されています。

これがリライトしたアフィリエイト記事の反映が早い理由になります。最初に記事をたくさん投稿し、後でリライトする方がGoogleの認識も早く・強くなるということです。

最短1日で反映される

元々自分でアフィリエイト記事を書いていて、それをリライトした場合の話になります。このケースだと最短で1日したら検索結果に反映されて来ます。

遅くても新規記事よりは短い時間で結果に載るので、リライトの効果確認や改善点の洗い出しはスピーディーに進むと思います。

リライト記事が早いのは、既にGoogleのクローラーが一度は確認したコンテンツだからです。内容や中身が変わっても、記事のURLは変化しません。

リアルで言うなら、一度訪問した家の住所は変わらないのと同じです。○○町の△△さんという認識はパトロール隊に残るので、そこからすぐに辿って貰えるイメージです。

Googleのアップデートに合わせればいい

アフィリエイト記事をリライトする間隔ですが、これはGoogleの定期的なアップデート間隔に合わせればいいと思います。

間隔は28日(4週)間ごとになります。約1ヵ月ごとにGoogleはアップデートを定期的に繰り返しているということです。

アップデートにはより大規模なコアアップデートもあり、こちらは年に2~4回程度行われています。間隔的には3,4ヵ月~半年に1回ですね。

いずれにせよ、1ヵ月経過したら記事の検索順位はかなり変化するということです。特に上位は変動して来ます。

なので、記事を上げたら2週間から1ヵ月の間隔でリライトを施すと効果的となります。上位表示させたい記事を優先して行うと良いでしょう。

新規コンテンツが入ると順位は下がるので、その間隔でリライトすれば順位を維持・向上させることが出来ます。リライトしないと上位からは落ちていきます。

ブログやサイト全体のリライトは開始して半年後に

アフィリエイト記事のリライトのタイミングは2週間から1ヵ月位ですが、サイトやブログそのものをリライトしたい場合はどうでしょうか?

答えは記事やページが貯まり、1つの大きなコンテンツに育ってからで十分です。目安としては初めてから半年以降にすればいいと思います。

記事数で見るなら、100以上書いてからでいいでしょう。リライトするタイミングとして長いのは、ブログやサイトがまだ育っていない段階で行っても効果が低い為です。

毎日ないし出来るだけ更新を続け、ある程度記事やページが貯まって(100以上。出来れば150以上が望ましい)から、記事をリライトしていけば効果が高まります。

記事全てをリライトする余裕があればいいですが、流石に100を超える記事のリライトにリソースを取られるのも厳しいものがあります。

上位表示させたいものを優先した方が効率が良いので、全体的なリライトが出来るのは開始から1年後位になるのではないかと思います。

それよりはいかに記事を増やしてコンテンツの中身を厚くし、早くGoogleから認められる媒体へ成長させていくことを優先した方がいいです。

成長してから全体のリライトや手直しを考えればいいでしょう。アフィリエイト記事のリライトは時々(2週間~4週間に1回)行えばOKです。

アフィリエイト記事のリライトは難しい?

アフィリエイト記事のリライトが難しいという声もありますが、これはリライトの認識が人によって違うことに注意しないと見誤ります。

自分で書いたアフィリエイト記事に手を加えるのは難しくない。それは当然ですよね。元々の自分の分身をいじるのをリライトと捉えるなら、難しいという声は変でしょう。

それでもアフィリエイト記事のリライトが難しいという意見があるのは、リライトの定義がこれと異なっている可能性が考えられます。

アフィリエイト記事のリライト。これが大変という声が出る背景を考えてみます。

自分の記事の手直しは難しくない

アフィリエイト記事のリライトは難しくありません。むしろ新規記事を作る方が大変で難しいと思います。

何度も言いますが、記事のリライトは「書き改めや書き加え」です。元々作っていたアフィリエイト記事に手を入れるだけなので、0から作るよりも楽な筈です。

さらにリライトする対象は自分の記事になります。他者の記事をリライトするのは、文末表現や言葉選びで苦労しますが、自分だったら問題は皆無でしょう。

自分のアフィリエイト記事に手を入れて質を良くする。これがリライト作業になります。60点を80や90点に近づけるのは難しくないと思います。

他者の記事のコピーは難しい

恐らくアフィリエイト記事のリライトで難しいという声は、他者の記事やページをコピーする意図が隠れているのではないかと思います。

検索上位にある記事は、Googleから専門性や権威性を認められた質の良いコンテンツになっています。

これをコピーすれば、自分の記事を上位表示出来ると考えるのはあるでしょう。そこでリライトする思考が生まれるのだと思います。

確かにコピーは可能です。他者が書いた記事から文章を抜き出し、言葉や文末表現・言葉の位置を変えることで同じ意味の文章を作り、記事に仕上げることは出来ます。

この工程をリライトと呼んでいるのかもしれません。しかしこれはコピー元の権利者から訴えられる他、Googleから警告やペナルティを受けるリスクがあります。

ネット上でも創作物や著作物には著作権が存在します。著作権は申請の必要が無く、作った時点で自然に発生する権利です。作ってから70年は有効なものになります。

他者の記事から文章をコピーして改変しても、それはコピペやパクりと見られる可能性があります。特に言葉や表現だけ変えた文章はGoogleに見抜かれる可能性が高いです。

また、人ごとに表現や言い回し・言葉の使い方が異なるので、それをトレースするのは不可能に近いです。

どこまでもコピーはコピーでしか無いので一時的に誤魔化せたり、上位表示が出来ても長続きしません。独自性が無いコンテンツが多いとGoogleは評価を著しく下げて来ます。

他者のパクりをリライトとするなら、それは難しいと言わざるを得ません。リライトはあくまでも、自分のコンテンツを良くする為に行うものになります。

その為にライバルチェックをしたり、別の情報を見つけて加えるなどの価値を入れる。こうした考えなら他者から導入するというのも成り立ちます。

記事にキーワードを増やすことで機械判定を良くする

アフィリエイト記事の根底にあるのはキーワードです。ジャンルやテーマが決まったら、後はひたすらキーワードを見つけて記事を作る作業になります。

キーワードが無いアフィリエイト記事など存在しません。人が検索に使うのは全てキーワードだからです。検索に対応するコンテンツは、キーワードが軸になっています。

このキーワードが全く無いのは論外ですが、数でGoogleは評価を決めている所が非常に強いです。多すぎてもダメですが、ある程度は多い方が評価が上がります。

機械と人の目はかなり異なります。人は文章全体からそのコンテンツの評価を下しますが、機械、つまりGoogleはキーワードを重視した判定方法を持っています。

アフィリエイトについて書いた記事なら、「アフィリエイト」というキーワードが必ず出て来る筈です。これの数でどれだけそのテーマを語っているかを見ています。

アフィリエイトの記事なのに10個くらいしか出ていないものと、100個近く「アフィリエイト」というキーワードが存在しているコンテンツ。

人が見てもそうですが、Googleのような検索エンジンは特に、キーワードがたくさん詰まったコンテンツの方を、専門性が高くて良し!とします。

リライトする上でキーワードは絶対に外せないポイントです。キーワードの数が違うだけでも、同じ内容で同じジャンルについて書いたコンテンツの評価は大きく変わります。

キーワードの数を増やす位なら、自分のアフィリエイト記事では難しくない筈です。上で言った難しくないというのはこれも意味しています。

キーワードの数を増やすことで、機械判定に引っ掛かりやすくする。それがアフィリエイト記事のリライトに使える効果的な方法になります。

記事のリライトに役立つツールとは?

リライトに役立つツールとは、記事の検索順位や閲覧数などのリライトすべき・したくなる記事をピックアップしてくれる機能を持つものです。

無料で使えるものが多いGoogle関連のツールで揃う為、リライトに役立てると良いでしょう。1つ挙げるならサーチコンソールが該当します。

サーチコンソールとは、記事の検索順位や表示回数を示してくれるツールになります。無料で使えるのでご安心を。

注意すべきは、リライトに使うツールはあくまでもサポートの立ち位置にあるという点です。リライトそのものに充てるのは良くありません。

リライトツールがそれに該当するものです。リライトツールとは文章を自動生成したり、読みこんだ文章を改変して別の文章に変えるツールのことです。

リライトに使うツールとは何があるか。それを書いて締めとしましょう。リライトツールは使わない方が賢明です。

無料のサーチコンソールで大体事足りる

無料で使えるツールで、リライトに役立つものがGoogleのサーチコンソールです。Googleアカウントを作れば誰でも利用出来ます。

自分のブログやサイトを登録することで、記事やページの順位や表示回数などを調べることが出来ます。

検索上位や回数が多い記事程、検索ニーズや質が高いと人目で分かるようになっています。他にはCTR率(訪問者がページ内のリンクをクリックしてくれた割合)も見れます。

上位に表示させたい記事や元々人気のページの順位を上げる方が、著者にも検索エンジンにも有用となります。

上位表示を狙う記事は、商品やサービスの紹介や自分の主張が強くあるページなどの筈です。順位を上げて人目に触れた方が、売上や認知度がアップする流れになります。

表示回数が多いとは、それだけ検索需要が元々ある記事と言い換えられます。その記事にテコ入れすれば検索順位が上がり、さらに多くの人が自分の媒体に流入する確率が高いと言えます。

自分の強い所や需要があると考えられる部分。それが記事の検索順位や表示回数にダイレクトに反映されているので、サーチコンソールはリライトする際の指標に役立ちます。

闇雲にアフィリエイト記事をリライトするのは非効率です。記事にも優先順位が存在します。ツールから優先度が高い記事を見出し、それから手を入れるのが効率化になります。

全ての記事をリライトするのが理想ですが、記事数が多くなるとリライトばかりに時間が取られます。新規記事を上げるのも大事なので、優先順位を付けた方が効果的です。

また、サーチコンソールは自分のアフィリエイト記事に使った「キーワード」や、検索で使われた「言葉」を表示してくれます。

どんな言葉で検索されているのか。狙うべきキーワードは何かを知ることも出来るので、リライトだけで無く、新規記事を作る際にも役立ちます。

Ctrl+Fキーで「言葉」を調べられる

上述のキーワードを盛り込むことが大事という内容とリンクしますが、ライバルや自分のアフィリエイト記事で、キーワードがどれだけあるかを確認するのは大切なことです。

何千字もある記事から数えるのは無謀なので、一発で狙った「言葉」だけを拾える機能を使いましょう。それがCtrl+Fキーによる検索機能です。

何でもいいのでネット上のページを表示した状態で、Ctrl+Fキーを押すと画面右上に検索欄が出て来ます。

この検索欄に自分が探したい言葉を入力すれば、狙いの言葉がどこに・どれだけ入っているかが一目で分かります。ここでキーワードを入れるのが効果的です。

キーワードはGoogleのような検索エンジンが、コンテンツを評価する際に真っ先に見るポイントです。これが無い・少ない記事は、上位表示はまずされません。

ライバルで検索順位に劣る場合、最初に手を入れるべきはキーワードになります。キーワードがどれだけあるかを知ることで、足りない場合は増やす対応が出来る訳です。

検索1位のアフィリエイト記事が100個、自分の記事にはキーワードが50個しか無いなら、100に近づけないとGoogleは見てくれません。

Googleはキーワードの存在から、ジャンルやテーマを判別する仕様になっているからです。関連するキーワードが少ない媒体は見ようとしません。

関連するキーワードが多い→そのジャンルやテーマに詳しそう→上位表示するだけの専門性や価値はありそう

こういう判断の流れがあるので、キーワードの多さは無視出来ない要点になります。キーワードの数や種類が分かるツールは有用な筈です。

無料でどこでも使える検索機能として、Ctrl+Fキーは使えるものです。キーワードの数を知れば、詰めるべき数や種類が判別出来ます。

実際に代筆してしまうリライトツールはNG

リライトツールを使って文章を作ってしまうやり方はNGです。Googleにも元の文章の権利者にも睨まれる方法だからです。

現在のGoogleは記事やコンテンツに、コピーやパクりがあるかを完璧に把握出来てはいません。言葉や文末表現が変われば、違う文章と判断するケースは十分考えられます。

しかし、Googleの類義語判定機能の発達は進んで来ています。単純な「単語や表現の置換」・「文末表現の変更」位は見抜くまでに達したみたいです。

つまり、リライトツールで作った文章を「同じ文章では?」と判断し、対処して来る可能性が高いということです。機械判定で見つかる危険性が高くなっています。

仮に機械判定をすり抜けたとしても、人の目で判断する部分も残っています。人の目はよりシビアに文章の類似やコピーを見抜く能力を持っています。

人は文章の意味や適切さまで理解出来るので、言葉や文末表現を変え、言葉や段落の位置までいじった文章でも簡単には騙されません。

「何か似通った文面ばかり続く」・「文章として意味が通じない、不適切な表現や使い方が目立つぞ」と見られたら、その記事の評価は大きく下がる可能性があります。

リライトツールについてはこちらの記事をご覧下さい。結論は使わないことを推奨しています。

一番のツールは「人の能力」

ツールは確かに便利ですが、それをどう使うかは人の手に委ねられます。ツールは道具に過ぎず、作り上げるのは常に人の能力や意識になります。

Googleにもユーザーにも認められる文章や媒体。それは人の努力や考えが生み出すものです。人が作るからこそコンテンツに命が吹き込まれる。

キーワードは大事ですが、それ単体を入れただけでは文章になりません。キーワードや言葉の意味・使い方を人が理解しているからこそ、意味の通る文章が生まれます。

同じ情報源やデータを使っても、出す結論や推奨するものは変わることも多い。機械やツールでは毎回同じ答えしか出さないでしょうが、人は場面や環境ごとに答えを変化させます。

人ごとの違い、タイミングごとに変わる答え。それは人が持つ多様性や柔軟性が関係しています。人に固有の能力と言い換えられるかもしれません。

それがアフィリエイト記事の作成やリライトで発揮される筈です。仮に参考にした文章はあっても、それに別の価値や補足した情報を入れ、新しく出来るのが人の素晴らしさです。

リライトに使える最強のツールとは、こうした「人の能力」に他ならないと考えられます。時代が変わっても通じる唯一のツールでしょう。

それを磨くことを考えて記事を作る・リライトすることに専念した方が近道になると思います。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。お役に立てれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA