コミュニティ

アフィリエイトのコミュニティサロンとは何か?

コミュニティは様々な所で見られますが、アフィリエイトのコミュニティはあるのでしょうか?

一般的に、コミュニティは所属する人の居場所という表現が当てはまると思います。そこの構成員は皆、近い価値観や感性を持つのが前提になっています。

ではサロンとは何でしょうか? サロンの起こりはフランスと言われています。当時は宮廷や政治談議の場などを表し、身分の高い人やエリートが集まって何かをする場所でした。

日本でも明治になると、政治や文学の話をするサロンが作られています。何か目的がある人が集まり、それを実現すべく活動する所が、次第にサロンと呼ばれるようになりました。

両者は似ているようで違いもあります。コミュニティは地域社会そのもので、どこにでも見られたのに対し、サロンは意図的に形成された点がまず違います。

そこにいる人が作るのがコミュニティで、何か共通の目的意識を持つ人が集まるとサロンになるのでしょう。ではコミュニティサロンとは何でしょうか?

コミュニティサロンとは、コミュニティとサロンの両方の性質を兼ねた集団です。目的を持った人が繋がりを作る意味で、サロンに近いのがコミュニティサロンになります。

コミュニティサロンは結果的になる場合と、外部からの影響で変化するものがあります。また、コミュニティ目線から作るコミュニティサロンもあります。

アフィリエイトのコミュニティサロンは、コミュニティをベースに考えて作られる所があります。コミュニティは価値観が合えば、誰でもOKな気楽さがある。

地域社会やサークルのような、緩さを感じる集まりがコミュニティです。子供も大人も所属し、緩やかに結び付いた集団を形成しています。

サロンは目的意識が共通していないとダメです。違う目的や方向を向く人同士は、サロンを作れません。繋がりもコミュニティより強固な点があります。

アフィリエイトのサロンなら、「アフィリエイトで何かを為す」という目的があります。そこに賛同する人だけが、アフィリエイトのサロンに入れる。

コミュニティサロンは普通、サロン目線で考えられる所があります。サロンから変化してコミュニティサロンになるイメージです。

この逆は珍しい。サロンのような目的を持たない人の集まりが、コミュニティサロンを作るケースは本当に少ないと思います。アフィリエイトが入るから出来るのでしょうか?

コミュニティから出発してサロンになる。アフィリエイトのコミュニティサロンはこんな所があります。全てのコミュニティサロンが、このタイプではありませんが。

アフィリエイトのコミュニティサロン。これについて考えてみましょう。

アフィリエイトのコミュニティとサロンの違い

アフィリエイトは個人で可能ですが、時に集まりを作って繋がりを求めるケースもあります。それがアフィリエイトのコミュニティやサロンとなります。

コミュニティとサロンはどちらも集団ですが、両者は性質が違います。コミュニティは価値観や感性が重視されるのに対し、サロンはスキルや知識なども重視されます。

アフィリエイトのコミュニティとサロン。これらについて掘り下げていきましょう。

コミュニティとサロンは違いがある

サロンとはフランスで誕生した言葉になります。元は上流階級が政治や学問などについて語り合う、サークルやグループを意味するものでした。

イメージは高貴な人やお金持ちが集まり、パーティーをしながら語り合う感じです。知的な会話や先端の情報交換をする場所を指していました。

今の感覚で言うなら、勉強やビジネスなどについて意見交換し合う場所になります。それも専門的・高度な次元でやるのがサロンと呼ばれるものです。

サロンは何かしら共通・通じ合う目的を持った人が集まって形成されます。政治サロンなどは、近い政治信条やバックボーンを持つ人の集団になりますね。

コミュニティはこれとは違います。サロンはその成立上、似た階級や立場の人が集まる場所になりますが、コミュニティは価値観や感性が近い人の集まりとなります。

高級街でセレブな集まりをサロンとするなら、趣味や遊びで集まっている所がコミュニティと言えます。どこにでもあるのがコミュニティとも言えるでしょう。

纏めるとこうなります。サロン・コミュニティ・グループで分けると、こんな違いが見られます。

サロンコミュニティグループ
目的意識共通バラバラ共通
価値観の近さ
閉鎖性
専門性や高度さ低~高

サロンをコミュニティとグループで例えるなら、「グループ的な共通の目的意識と、コミュニティ的な価値観の近さを持つ、専門家や高度な知識を持つ集団」となります。

グループは仕事や公的な関係と割り切れたり、コミュニティは気持ちが通じ合う関係として作りやすいのに比べ、サロンは敷居が高く感じる場所と言えるでしょうか。

仕事やビジネスをする気持ちで取り組み、かつ通じ合う人同士の助け合いや、やり取りを必要とする。それがサロンと言うべき空間になります。

故に、適当な気持ちでサロンに入るのは嫌がられるでしょう。遊びでは無く、真剣に何かを為そうとする人の集まりなので、入るなら覚悟を決める所はあると思います。

基本的に個人で行うアフィリエイト

アフィリエイトは基本的に群れないビジネスです。副業で会社や職場に隠れてこっそりとやれるように、個人が1人で活動して成立します。

ネットを介して広告主の商品やサービスを宣伝するモデルな為、紹介する場所を作ればそれで終わりです。1人で出来る為、アフィリエイトする人は個人単位で動いています。

そうした個人が敢えて集まる意味。それがコミュニティやサロンだと思います。コミュニティとサロンは目的や意味が違いますが、集まる点では同じです。

集まることで得られるものは、人との繋がりや知識・経験になります。そこに入ることで自分の居場所を作るのが、集団になる最大のメリットと言えます。

コミュニティとサロンはどちらも繋がりを得られますが、その性質は違います。コミュニティが友情や絆なら、サロンはビジネスライクな関係性です。

サロンの繋がりは絆の性質も帯びることはありますが、コミュニティだとあまりビジネス的な感覚はありません。この点も自分の選択に影響する所だと思います。

コミュニティを作る意味

コミュニティは学校の部活動に例えると、サークルや同人会に近いイメージです。共通の趣味や近い感性を持つ人が集まって作られる、緩い靭帯を持つ集団になります。

サークルや同人会は、特に目的意識がある訳ではありません。自分と気が合う人との交流や、一緒に活動して楽しむことが目的であり、手段になっています。

アフィリエイトのコミュニティになると、アフィリエイト自体が好き・楽しいという人の緩い繋がりになるでしょうか。

ブログやサイト運営の面白さや愚痴を言い合ったり、ジャンルや商品について話したりなど、お互いの苦労や感想を共有して楽しむ時間を過ごす場所になるでしょう。

アフィリエイトは個人で出来ますが、逆に言えば孤独に黙々と、作業をこなさないといけないことでもあります。

これを寂しい・人と繋がりたいと感じる人も多いです。孤独は人を磨く面もありますが、耐え難い苦痛ももたらします。1人というのは辛いことも多いです。

その悩みを埋めるのが、アフィリエイトのコミュニティと言えるでしょう。自分だけが頑張っているのでは無いと思うだけでも、共感が出来て寂しさは減ります。

自分にはアフィリエイト仲間がいる。こう思えば日々の生活や作業に前向きになれる筈です。孤独で淡々とするのがキツい人に向いたものだと思います。

一方でデメリットもあります。サークルや同人会が楽しくて、リアルの生活や学業を疎かにする大学生みたいな問題も起きる点です。

確かに楽しさや面白さは大事ですが、それだけでは成長や発展は生まれません。生きる場所はリアルにあり、アフィリエイトのコミュニティはそのサポートに過ぎない。

コミュニティをやりがいにするのはいいと思います。しかし、それにのめり込んで肝心の仕事や生活、アフィリエイト作業に支障を出してはいけないということです。

サークルや同人会にハマって留年したり、就職でマイナスの影響を受ける人もいます。これではゲームばかりやる子供と、何ら変わらない失敗をしていると思います。

同じように結果を出すことの邪魔になるなら、アフィリエイトのコミュニティは入らない方がいいです。コミュニティに「依存」するのは周囲の為にもなりません。

仲間を見つけて繋がりたい。アフィリエイトも続けたい。こう思える人がアフィリエイトのコミュニティに向くし、相手に良い影響も与える筈です。

サロンを作る目的

コミュニティがサークルや同人会なら、サロンは体育会系の部活動に近い感じでしょうか。サロンに入る人の意識や能力は高い傾向にあります。

部活動は大会や達成したいことなど、何かしら掲げている目的があります。私も大学まで部活動に入っていたので、サークルとは違う空気に触れていました。

そうした強い目的意識があり、それを共有出来る間柄になる。それがサロンと考えていいでしょう。

アフィリエイトでトップクラスの層に入るとか、アフィリエイターを集めて会社を作るみたいな、コミュニティでは考えられない目的を持って活動するイメージです。

アフィリエイトのサロンはこうした目的意識が明確にあります。それが強くなる程、経験者や稼げている人だけに構成員が絞られていきます。

部活動的なサロンは、初心者にはやりにくい場所になるでしょう。部活動に来る人の多くは経験者だったり、勧誘側も経験者を狙って声掛けすることが多いからです。

初心者はお断り。そうした空気を出すサロンもあります。価値観が合えば、誰もが所属出来るコミュニティと大きく違う点です。デメリットとも言えます。

一方で強い目的意識の為、目的に向かって一緒に突き進むパワーがサロンにはあります。ここに所属出来る人なら、脱落すること無く目的達成まで行けるでしょう。

同じ集まりでありながら、両者は対照的な所もあります。サークルや同人会に入るか、部活動に所属するかと思えばイメージは湧きやすいと思います。

アフィリエイトのコミュニティとサロン。自分のレベルや目的をはっきりさせてから、どこに入るかを考えるのが賢明です。

コミュニティサロンとは何か?

コミュニティサロンとは、コミュニティの性質を帯びたサロンを指します。ある目的の元に集まったパーティーがいて、そこで仲間意識が強くなったイメージです。

コミュニティは楽しくやることが目的で手段になります。サロンは主にビジネスなどの目的意識があり、達成の為に繋がりや協力をし合うことを手段としています。

この性質が近づき、コミュニティのメリットである楽しさを持つようになったサロンが、コミュニティサロンとなります。

コミュニティサロンについて、もう少し考えていきましょう。

コミュニティの性質を持つサロン

部活動は同じ目的を共有する技能集団(スポーツや芸術など)ですが、時間が経って関係性が深まって来ると、絆や友情の性質も持つようになります。

同じ目的に進む仲間と認識し合うようになれば、強固な信用や信頼が生まれます。仲間の為に頑張る、何かをすると思えるので、自然と内部の居心地も良くなります。

気分が高揚したり、やりがいを感じる。理想的なサロンは構成員が活き活きしながら、目的に向かって活動しています。サロンが活きる場所になっている訳です。

コミュニティは近い感性や価値観を有する人の集まりです。内部は和気藹々として、楽しい雰囲気になるのが理想となります。

サロンがその性質を持てば、コミュニティのメリットを持った集団となります。これをコミュニティサロンと呼びます。成長と楽しさを両立する居場所と言えるでしょう。

纏めるとコミュニティサロンとは、サロンに形成されたコミュニティや、コミュニティの良さを持つサロンと言えます。

コミュニティがサロン化することは稀

コミュニティはサークルや同人会に例えられます。サークルや同人会が部活動になることは滅多にありません。

逆はあります。人が減ったり、初心者や未経験者を集めることも許容するようになれば、集団の性質は変化していきます。部活動の目的意識の共有は難しくなる。

集団やコンテンツは、新規を入れていかないと衰退します。会社もジャンルも、新しい人や風が入ることで新陳代謝をしていくものです。

例えばTOEICで、900点以上の人しか採用しない会社があるとします。この条件を満たす人はどれだけいるでしょうか?

探せば募集人数に届くでしょうが、その会社以外に行く人もたくさんいるでしょう。募集をかけても集まらないパターンもあり得ます。

これを続けたら、次第に入る人は減っていくと考えられます。人が減ってマンパワーが無くなり、会社の衰退も起きかねません。

部活動も若者が減り、経験者だけに絞った募集では難しくなっている所が増えています。規模やジャンルの維持には、未経験の新人も集めないといけなくなっている。

これが進めば、次第に部活動はサークルや同人会的な要素を帯びます。目的意識は薄れ、楽しく活動すること自体が主眼になった集団へと変化するでしょう。

これもサロン→コミュニティ的な変化と言えますが、先述したものとは意味が違います。前に書いた例は内部からの変化で起きますが、こちらは外部からの影響での変化になります。

余程高い意識や環境が存在しない限り、サロンがコミュニティに近くなる変化は起きます。逆にコミュニティがサロン化するケースはほぼありません。

コミュニティの場と姿は時代と共に変化している

コミュニティとは自然に形成された地域社会が元です。人が集まって暮らすことで、仕事の確保や治安維持の効果が期待出来た為、その内部に入ることが求められるようになりました。

その地域や社会に所属する上で大事なのは、「和を以て貴しとなす」精神です。礼儀正しさや相手への尊重を持ち、仲良くしようと努める姿勢が必要になります。

争いを起こす人はコミュニティから嫌われ、排除されます。昔の言葉で村八分ですね。コミュニティ内部に仕事や生活圏がある人が多かった為、これは恐ろしいことでした。

特に開拓地や気候が厳しい地域では、そこのコミュニティから排除されたら死ぬ危険があります。故に、コミュニティを構成する人同士はなるべく仲良くしようとします。

これが崩れ始めたのが戦後、高度経済成長期に入ってからです。それまでは生まれた場所で成長して暮らし、家族を作って亡くなるパターンが多かった。

生まれ故郷がそのままコミュニティだった訳ですね。高度経済成長に入ると仕事やより良い生活を求め、地域から東京や大阪などの大都市へ、大規模な人口移動が起きました。

これは地域にあったコミュニティが消えたり、規模を小さくする結果を生みます。新卒一括採用は、会社にコミュニティを新たに作ることになりました。

やがてバブル崩壊からの不景気に入り、終身雇用が崩れ始めた今は、会社内のコミュニティも薄れ始めています。会社は単に仕事をするだけの場所に変化しつつある。

すると地域→会社や組織と場を移して来たコミュニティは、別の場所を求めるようになります。時代が変わってもコミュニティを求めるニーズは消えないからです。

人は本能的に、人との繋がりを求める生物です。孤独を恐れ、辛く感じるのは本能から来るものになります。コミュニティはまさに人と繋がれる居場所という訳です。

地域にあったコミュニティは崩壊し、会社や組織に移ったコミュニティも崩れ始めています。実際に40歳以上の人をリストラし始めた企業もニュースになっています。

人が減る・移動が頻繁になれば、自ずとコミュニティは崩壊します。これまでコミュニティがあったと認識される場所が無くなり、別の形が必要になっている訳です。

その1つがオンラインサロンのような、ネットを通じて繋がり合う集まりなのだと思います。SNSで互いに連絡や交流をし合う関係も、新しいコミュニティと言えるでしょう。

時代が変わってもコミュニティの基本は不変

リアルからネット空間へ、コミュニティは姿や場所を変えて移動しています。将来的には遠くに住む人同士が、ネットを介して作るコミュニティが無数に生まれるでしょう。

一方で問題もあります。ネットの特徴は匿名性と時間や場所を選ばないことですが、これがデメリットになるケースもあります。

リアルの社会で、真夜中に電話や訪問をするのは嫌われる行為です。寝ている・静かにしている所で騒がれるのは誰もがイラっと来ます。

目下から目上の言葉遣いも大事です。馴れ馴れしく話しかけるのは、礼儀が無いと呆れや怒りを呼びます。逆に思いやりが無い上からの言葉は、下の反感を生みます。

相手を馬鹿にする・マウントを取る言動は不和を起こします。そんな人と仲良くしたいと思う人はいません。結果的に孤立や、コミュニティからの排除へ繋がります。

リアルなら気を付けられる人でも、ネット上だと箍が外れる場合も多いです。自分としてはその意が無くても、知らぬ間に相手の怒りや不評を生んでいることもあります。

顔が見えにくいから、相手が怒っていても分かりません。匿名だから気安い言動をし過ぎることもあります。場所や時間を考えない振る舞いもしがちです。

ネット上のコミュニティでも、その先にいるのは人です。相手には感情や事情が存在します。それを忘れると悪い結果しか生まれません。

「和を以て貴しとなす」。聖徳太子も使った古い言葉ですが、今も通じる真理を言い当てた言葉だと思います。まさにコミュニティの根底にある精神と言えるでしょう。

ネットであっても、相手への敬意や礼儀は必要になる。それがコミュニティの形成や運営に必須な要素だと思います。

アフィリエイトのコミュニティサロンとは?

コミュニティサロンは、サロンが自ら変化してコミュニティっぽさを獲得した場合が多いです。しかし、アフィリエイトのコミュニティサロンはちょっと違います。

アフィリエイト初心者が教わったり、人との繋がりを作るのも目的として組み込んだサロンが、アフィリエイトのコミュニティサロンとなります。

初心者が入りにくい雰囲気のあるサロンの中でも、例外的に入れるコミュニティサロン。その中でもアフィリエイトに特化した中身になっているものを指します。

初心者も受け入れるサロン

単なるオンラインサロンだと初心者は受け入れられませんが、コミュニティサロンは初心者も入りやすいです。

アフィリエイトのコミュニティサロンは、アフィリエイトの経験を問わずに人を集める、オンラインの集まりのイメージに近いと思います。

この手の集まりはコミュニティになりやすいですが、サロンの形に持っていこうとする動きがあるのが特徴的です。即ち、構成員を育てる・サポートする機能がある点です。

サロンは共通の目的意識を持った集団です。単にアフィリエイトという共通点だとコミュニティ化しますが、そこに共有出来る目的と、成長出来る環境を提供する形です。

「所属メンバーはいずれは目的や高みに到達する。主催者やメンバーは互いに助け合い、初心者も育てて同じ方向を向くようにしよう。皆が互いの為になれる関係になろう」

こうした理念がコミュニティサロンにはあります。アフィリエイトならまだ稼げていない、始め方もよく分からない人を導きつつ、互いの知識やスキルを共有し合う感じです。

例外的にコミュニティ→サロンになっていくのが、アフィリエイトのコミュニティサロンでは見られる形式です。初心者も受け入れる点が良い所だと思います。

最も、全てのコミュニティサロンで同じというのは違います。初心者だと入れない所もあるので、初心者が入りやすい雰囲気のコミュニティサロンを探す方がいいです。

人と交流するのが好きな人に向く

コミュニティもサロンも、そしてコミュニティサロンも、根底に人との繋がりや交流があります。これを目的とする・楽しめる人で無いとメンバーには不適です。

1人で黙々とやるのが好き。誰かと一緒はあまり好きでは無い。こういう人はコミュニティもサロンも向かないと思います。コミュニティサロンも同じです。

教わるにしても、コミュニティのような集団で教え合う形式以外に、家庭教師のようなマンツーマン指導型もあります。集団だとマンツーマン指導は無理に近いです。

1人のメンターに師事してアフィリエイトにをやりたい。こういう人もいます。その場合はコミュニティサロンより、コンサルやメンターを探す方が向いています。

人は学習成果やパフォーマンスを発揮するやり方が、人ごとに違います。コミュニティやサロンで伸びる人もいれば、コンサルや独学の方がいい人もいます。

コミュニティサロンで伸びる人は、色々な人との交流や繋がりを楽しめる所が必ずあります。目的達成に向けて楽しめる所が無いと、続けるのも苦痛になるでしょう。

人は苦痛を感じると成長速度が鈍ります。苦しい仕事を頑張っても、いつか出来るようにはならないケースが多いです。コミュニティサロンが楽しくないなら、入らない方がいいと思います。

条件や雰囲気を見て試しに入ってみる。そこで楽しさや成長を感じたら続ける。コミュニティサロンは月額料金制になっているので、退会もしやすい点はメリットです。

自分と同じ方向を向く人と繋がりたい。この思いが強いなら、アフィリエイトのコミュニティサロンは選択肢に入ります。後は自分にマッチするものを探せばいい。

未来の生き方とコミュニティサロン

未来の働き方は大きく変化すると言われています。会社は仕事だけする場所になり、ジョブ型のスキルや経験メインの雇用が一般化すると考えられています。

2035年以降の未来において、自分が所属したいコミュニティも大きく変化していくことでしょう。その中にコミュニティサロンも含まれると思います。

未来の働き方や生き方を考えると、意外とコミュニティサロンは優れている気がします。単なるコミュニティより、可能性や面白さが上になるかもしれません。

未来とコミュニティサロン。これがどう関わって来るかを掘り下げていきましょう。

「衣食住」は「居職住」に変化する

未来の生き方のポイントは、「衣食住」から「居職住」への変化だと思います。これまでは生活の基本である、衣食住を満たす為に仕事をするのが普通の価値観でした。

これが「自分や家族が生きやすい場所を作る・維持する為に働く」へ変わると考えられます。お金を稼ぐ「職」が、「居場所」にくっ付くケースも増えていく考え方です。

人を必要とするのは人です。仕事とは誰かの需要を満たすことに本質があります。つまり、人がいる・集まる場所に仕事も出来るのが自然な流れです。

若者が都市に移住するのは、都市に人が集まって仕事も多いからになります。「職」は「人」に付随するものとも言えます。

コミュニティも人が集まらないと生まれません。コミュニティは漢字一文字で表せば「居」になります。「居」も「人」が決め手という訳です。

未来は人口減少と、都市への人口移動が起きると考えられます。そこにコミュニティもたくさん生まれるでしょう。コミュニティは「居場所」であり、そこと「職」が重なる感じです。

物価や物件が高くても都市部に「住」み、そこで「職」と「居場所」も持つ。生活費や住居費が安い田舎に「住」み、ネットや都市で「職」と「居場所」を作る。

こうしたスタイルを持つ人が増えていくと思います。「居職住」が個人ごとに形成され、誰もが自分に適したコミュニティを持つように変わる時代になると。

「職」や「住」を作るコミュニティサロン?

自分の居場所、即ちコミュニティをどこかしらに作る・持つのが未来の生き方になると考えられます。

そのコミュニティの中で仕事、つまり「職」が生まれる可能性もあるでしょう。Aさんが何か困ったら依頼を出し、それを同じコミュニティメンバーのBさんが助ける形です。

また、コミュニティ同士の繋がりや、ビジネス的な連帯を作ることも考えられます。Cのコミュニティが、Dのコミュニティと提携するとかも起きるでしょう。

そうしたコミュニティを通じたビジネスや仕事。即ち、「居場所」から生まれる「職」をこなして生きる人が、未来では出て来る可能性があります。

また、「居場所」で「職」を持てるので、そこや近くに「住」み家を構える人も生まれると思います。「居」のコミュニティに「職」や「住」が生まれてくっ付くイメージです。

コミュニティサロンだとこの点で有利だと思います。元からビジネスや目的意識がある人の集まりなので、内部でビジネスや仕事を生み出しやすいと考えられる。

また、コミュニティサロン同士で交流や依頼など、コミュニティサロンを通じた「職」を、内部にも外部にも作りやすいと思います。

未来の生き方に大きく関わるであろう、コミュニティの形成や在り方。そこに近づきやすいのが、コミュニティサロンかもしれません。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。お役に立てれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA