アフィリエイト

アフィリエイト商品で子供の英語教育に使うなら

英語って苦手だ。読めるには読めますが、書くとか喋るとなると無理です。英語に堪能な人は凄いと感じます。

子供の頃から英語に触れる機会はあります。見渡せば英語や英語由来の言葉はいっぱいある。中学生からは公立でも英語学習が始まります。

一方で英語を嫌ったり、苦手意識を持つ人も多い。子供の時に英語を嫌いになることはかなりあります。子供の苦手教科の1つに英語は必ず上がって来る。

あり触れたものでありながら、嫌いな人も多いのが英語。子供の頃の学習で身に付かないケースは多く、大人になってから改めて習得するケースもあります。

日本人は英語が好きで嫌い。こんな印象を受けるかもしれません。価値やステータスは認めつつ、苦手意識が拭えない存在。子供の時から変わらないと思います。

アフィリエイトでも人気ジャンルの1つが英語です。子供に英語を身に付けさせたい家庭は多い筈。そこがアフィリエイトするチャンスにもなっています。

アフィリエイト記事も英語で書けたら、海外の英語話者をターゲットに出来る。そういう意味でもアフィリエイトするニーズは存在しています。

アフィリエイトジャンルで人気なのはこんな背景があります。海外を相手に出来るという点で需要は大きい。

短期間で英語を覚えられる教材を、アフィリエイトで紹介したら売れるでしょう。社会人は忙しく、時間が無いからすぐに習得できるようにしたい。

子供の教育に使えるサービスもアフィリエイトの対象となります。

子供が英語を使えるようになれば得をする。こう言えたらアフィリエイトは成り立つでしょう。

子供の英語教育とアフィリエイト。これについて考えてみます。

アフィリエイトで人気の英語系

アフィリエイトジャンルで英語は人気が高い。それだけ取り組む人は多く、ライバルが多い所です。

日本人に英語は需要が高いと思います。英語が出来る価値はあり、それを目指す教育もニーズが高い。関連商品もアフィリエイトで見る機会は多いです。

アフィリエイトで人気分野の英語。これについてまず考察してみましょう。

日本人は英語が好きで嫌い

英語は日本人に取って悩ましい存在です。幕末の開国以来、英語学習は常に悩みの種となって来ました。

幕末の時はイギリス、戦後からはアメリカが世界をリードする大国であり、主要言語は英語だった。

イギリスは海外植民地をたくさん抱えており、英語が共用語の地位を得ていたのも大きかったです。

日本は馴染みの無いこの言葉を習得する必要に迫られました。江戸時代はオランダを通じて世界情勢を知っていたので、日本に馴染みがあったのはオランダ語でした。

英語を和訳し、日本語と擦り合わせる。こうして現代の日本語が形作られていきます。現代文はある意味、和訳しまくった英文とも見れます。

近現代の思想や概念を開いたのは欧米です。日本はそれを和訳して取り入れました。科学の発達も欧米が先で、日本は英語を覚えないと習得が難しかった。

英語はラテン語が母体の言葉です。ラテン語はフランス語やドイツ語の母体でもある。ギリシャ語とも通じ合う所があります。日本語は全く関わりがありませんでした。

成り立ちも経緯も異なる英語と日本語。どちらも使えるようにするのが教育の課題に上がりました。

教育に第一外国語として英語が組み込まれたのは自然な流れと言えます。義務化されたことで習得できる人が増え、海外に出る日本人も増えていきました。

一方で英語を嫌う人も増えた。義務だから避けようが無く、苦手な人には苦痛だったからです。使わない人も多く、無駄に感じる場合も多かった。

これは今も変わらない構図だと思います。使う機会が無いのに学ばされる感があり、嫌だと感じる人は多い。

海外に出られるというステータス感が魅力。一方で、不慣れかつ苦手意識を持たせるのも英語です。日本人は英語に両極端な感情を持っていると思います。

海外を相手に出来る価値を持てる

英語の最大のメリットは使用者が断トツで多い点です。英語が使えれば世界中の人と話せる可能性があります。

グローバリズムが進み、一体化して来た世界。共用語の地位を持つのは英語です。英語圏の国だけで無く、他の国でも意思疎通が図れるのは強みになります。

日本も世界の一員である以上、世界を無視することは不可能です。世界でやり取りするならどうしても英語は必要になる。

東南アジアやインドは経済成長が著しいですが、言語は多様で統一感はありません。地域や国ごとに言葉が違います。これでは国内でも意思疎通は難しい。

そこで英語を共用語として教え、同じ圏内でやり取りがスムーズに出来るようにする。こうした政策を採る国は多いです。英語で圏内の統一感を出している。

日本もTPPでそこに入っていくには、英語で意思疎通を図らないといけません。同盟を結ぶアメリカとも英語は欠かせない。最近はイギリスとも関係が深くなりつつあります。

英語を習得すれば海外にビジネスを展開出来る。これは開国以来変わらないものです。今後もさらにその傾向は強くなると考えられます。

英語と日本語の違い。子供にはどっちがいい?

私は英語も日本語も大事だと考えます。日本人なら日本語は出来ないと辛いし、英語が出来るとアドバンテージになるからです。

子供の英語学習で言われるのが、日本語は無駄じゃないかということ。これは間違いだと思います。日本人なら日本語の習得を先にした方が役立つと考えられる。

英語と日本語。それぞれの違いを見ていきます。子供の英語学習については後述します。

英語は文法や順序が厳格

英語は日本語と違い、文法を重視する言語になります。SVOやSVC(私は、○○する、■■を)という語順が厳格に守られています。

26文字のアルファベットで単語を構成するので、母音や子音が日本語よりも多い。日本人が英語が苦手な理由の背景は、文法や発音で不慣れな環境があるのも1つです。

日本語の文法はSOVやSCV(私は、■■を、○○する)の形を取ります。ある意味、英語とは逆の文法で構成されているのが日本語です。

また、語順が入れ替わっても意味が通じるのが日本語。英語だと意味が全く通らなくなるので、ここでも大きな違いがあります。

I like books(私は本が好きです)と書くのが英語です。「好む」という動詞や主張がまず来て、次に対象を示す。

最初に結論を言うので、何を言いたいかが分かりやすい特徴を持ちます。英語は論ずるのに向いた言語なのは一理あるでしょう。

日本語だと「私は本を好む」と書きます。「好む」を前に持って来るならこう書ける。「私が好きなものは本です」。

ちょっと形は変わるけど、順序を入れ替えて使うことが可能なのは日本語です。反面、主張や動詞が後ろに行くので、長文になると何を言いたいかが曖昧になりやすい。

ルールに厳格で明確な物言いをするのが英語。日本人にはこう感じられると思います。

日本語は表現が多彩

日本語は表現の多彩さが光る言葉です。同音異義語も多いし、違う言葉で同じ意味を表す場合もいっぱいある。

例えば雷。雲による発電で生まれる巨大な電気エネルギーが雷ですが、他には稲妻とか稲光といった表現があります。雷電も含まれます。

英語だとThunderの1つだけ。雷を表す言葉は日本だと4つはあります。言い換えをすれば表現の重複を避けやすいのが日本語の特徴です。

仮名文字でサンダーと読む場合もある。英語を日本語に取り入れたりもしています。

「ホウコウ」という言葉も読みは同じでも意味が違う。方向・芳香・奉公・咆哮・放校など漢字によって区別され、意味はそれぞれ異なります。

英語は発音が大事なのは、音で区別する言語であるのが大きいと思います。RとLの音は違いますが、聞きなれないと区別が難しいです。

日本語だと漢字で書き表せば区別出来る。逆に言えば音では区別が付かない言葉でもあります。文字によって見分ける特性が日本語には強いと言えます。

ざっくり言えば、英語は音が重要な表音文字。日本語は文字で判断する表意文字の傾向があると見れます。

日本人なら日本語→英語の順で学ぶのがいい

私は日本語も英語も大事だと考えます。言葉はたくさん扱える方がいいし、それぞれの良さがあるからです。

大事なのは順序や手順だと思う。言葉は周りが使っているのを耳で聞いて覚えるもので、ある程度確立された体系を持った状態で別の言語を覚える方が良いと考えます。

日本人なら日本語で読み聞かせをします。赤ちゃんは胎内にいる時から言葉を聞いて育つ。日本の子供なら日本語が最も耳慣れた言葉となる筈です。

喃語も日本語を真似して発音している。発音が上手くなれば言葉として発するようになります。「ママ」「まんま」「パパ」と意味の通じる言葉が出て来る。

幼児になれば拙くも文章で会話も出来ます。「りんごジュースを頂戴」「あのおもちゃがほしい。買って」

成長する程、複雑で高度な日本語表現を使えるようになります。ある程度言葉の意味や使い方を理解した状態で、外国語を学ばせる方が混乱も減ると思う。

子供には子供の世界観や理解の仕方があり、それを組み立てているのは母国語の筈です。それが固まってから新しい言語を入れる方がいいのではないかと。

乳幼児に母国語と違う言葉で話しかけると、混乱して嫌がることもあります。日本の子供に英語で話しかけるみたいに。

理解が難しいものを人は嫌がる。無理解が恐怖を呼ぶのは大人でもざらにあることです。今の新型コロナでも理解が進むまでは混乱や恐怖がより強かった。

突然知らない所や世界に連れていかれた感覚がして、子供は不安になるのでしょう。まるで親が知らない人になってしまったかのように錯覚する。

故に、ある程度の年齢までは日本語をちゃんと教え、それから英語の時間を増やしていく方が学習効率は高いと考えます。

アフィリエイトで英語を扱うなら

アフィリエイトで英語を扱うなら、重点は聞き取りと会話になると思います。書けなくても話せれば意思疎通は図れる場合が多いからです。

識字率が低い時代、読み書きは出来なくても話すことは出来た。話せれば日常生活は送れました。故に、会話が成り立つ方が重要だと考えられます。

となれば、英語のリスニングとスピーキングが重要になると考えられる。アフィリエイト商品もそれを狙っていく方がニーズは高いと思います。

リスニング

言葉は耳から覚えるので、英語を聞きまくるのがリスニング力を鍛えることになります。

意外と日本語も聞き取れていないのが私たち日本人。聞いた言葉の半分も覚えていればいい位、普段は会話の中の言葉を聞き逃しています。

ではなぜ不具合が生じないのか? それは日本語を知っているからに他なりません。前後の言葉や文脈から類推し、補うことで意味を通じさせている。

英語も同じことが使えます。大事なのは単語の意味を掴むことでは無く、全体図や要所を把握することです。

この会話の内容のテーマやポイントは何か? これを掴めれば正解は見えることが多いです。就職面接でも似た側面があると思います。

英語の歌やラップでもいいから聞きまくる。聞いた言葉を紙に書き出してみる。言葉の意味は後で理解すればいい。

この覚え方は乳幼児が喋れるようになる過程と同じですね。音を把握し、真似することで喋れるようになっていく。使う場面は後で覚えていった筈です。

リスニングの教材や歌を使い、耳を英語に慣れさせれば自ずと聞き取れるようになるでしょう。

スピーキング

話すには文法の理解が要ります。日本語よりも文法に厳格なのが英語なので、ここは英文法の習熟が必要になる。リスニングよりも難易度が高いです。

英文法は中学レベルでも会話は成り立つので、まずはそれを覚え込むのが大事です。立派な会話は目指さず、意思疎通が図れればOKを考えます。

英語学習の壁になるのが完璧主義。日本人は特に陥りやすい罠です。満点や高得点を取るのは尊いけど、そこに至るまでのステップを外すのは良くない。

リスニングと同じく音が決め手なのがスピーキングです。特に英語は発音が重視されるし、音によって意味が変わることも多いです。

英文法をマスターしたら英単語を覚えましょう。書くのでは無く、口に出して音で覚えるのがポイントです。

会話する相手がいないと独り言になるが、それを恥ずかしがらずにやり込めば覚えられる。口に出して喋れるようになれば、会話することも怖くなくなります。

まとめるとこうでしょうか。

英文法(中学・高校レベル)の習得→英単語を発音記号や音を使って覚える→独り言で繰り返す→会話してみる

英文法は例題だけ見ても覚えられないので、紙に自分で作って覚えるのがいいでしょう。作った分を読み上げると学習効果は高まります。

子供が英語を嫌いにならない為に

英語は重要だけど、苦手意識を持ちやすいものである。子供が英語を嫌がることだってよくあります。

私も英語は苦手です。先生が嫌いだったのもありますが。英語が嫌いになるのには理由があると思う。

子供が英語を嫌いになる背景。これを考えれば英語学習の方針は作れる筈です。

楽しく覚えさせる・無理強いをしない

「勉強しなさい」。この言葉程、子供のやる気を奪うものは無いと思います。無理強いは大人でも嫌なものです。

子供が嫌がる大半の理由は「楽しくない」「強制される」が占める。押し付けられると嫌がられるのは誰でも」同じです。

大人からすれば良かれと思って言っている訳ですが、それは一方通行でもあります。大人と比べれば子供は視野も広くなければ理解度も浅い。

親の心子知らずという言葉もありますが、逆も然りではないでしょうか。親と子供は血の繋がりはあれど別の人間でもあります。

親が考えるように子供が思考するなんてありません。土台も作られ方も丸っきり異なる。子供は親を別の存在と見るように変化するのもこれに拍車をかけます。

子供がやりたくなるのは至極単純な背景がある。それは「楽しい」「面白い」です。子供の頃に夢中になった経緯は大体これになるのではないでしょうか。

きっかけは親かもしれないけど、それにのめり込むのは子供自身の心や能力が主体になる。スポーツや習い事で真面目に取り組むのは、子供自身が楽しさを感じているからです。

英語学習でも全く同じことが言えるでしょう。英語に「楽しさや面白さ」を見出せるよう働きかけるのが効率的。親はそこを狙えば子供は勉強するようになる筈です。

歌は良いと思います。歌は音やリズムから入り、言葉の意味が知らなくても楽しめる要素が強いです。

宗教を広める際、教義を歌にして説いたものもあります。日本なら踊念仏、海外だとイスラム教が有名です。歌にすることで人々に受け入れやすくした。

例え知らない言葉でも、音は覚えることが出来ます。口ずさむことが出来れば意味も理解しやすくなる。英語は音が大事なので、音である歌との相性は良いです。

誉めるのも子供に刺さる勉強法。人は誰もが認められたいという承認欲求を抱えています。子供が最も誉められたいのが親や先生になる筈です。

返報性というのもプラスに働く。人は恩やお返しを受けると、相手の為に努力や苦労をしようと思う性質があります。

認めてくれる相手に好意や誠意を示す。人の根源的な欲求を活かし、英語学習に役立てるのは良いと考えます。

「楽しい」「気持ち良い」。これを軸に学ばせるようにすれば、子供は自発的に学ぶようになるでしょう。

逆に無理強いすると嫌がる。英語が嫌いになる方が学習効率は下がります。勉強嫌いは結構このパターンが当てはまる。

使う機会を与える

学習は2タイプあり、1つはインプットでもう1つはアウトプットです。こちらがアウトプットに相当します。

人は自分の力を発揮したいと願う気持ちを持っている。社会や人に役立つ多くの例は、自分の得意や独自性を活かしているケースが見られます。

スポーツが得意な子が、体育の時間に皆の前で格好つける。使う機会に巡り合うと活き活きするのが人です。自分の強みを発揮する時は幸せな時間でもあります。

英語を学び、それを使う機会を与えるのも学習に役立つ。流暢な会話や正しい英文を書ければ、子供の自信も育ちます。もっと好きになれるでしょう。

今は新型コロナで海外への渡航が難しいけど、英会話教室に通ったり、通信教育で英会話は出来ます。ネットが繋がれば海外の人とも英語で対話は成り立つ。

英文を書くなら本を買って練習すれば事足ります。英語の先生に添削をお願いするのも悪くない。誰かに英語でメッセージを出すのも英文法を身に付けることになります。

英語を学び、それを使える機会を作る。こうすればインプットとアウトプットの両立が出来ます。アウトプットは特に学習効果が高いと認められているものでもある。

海外留学で英語が出来るようになるのは、日常生活で英語を使いまくるからです。日本語で思考せず、やり取りも過程も英語で進めるから身に付く。

日本の英語教育で良くないのが和訳を多用する点だと思います。ネイティブの思考は全て英語で通しているのに、日本語で考える工程を挟むのが習熟を妨げている。

私も英語は苦手だったので気持ちは理解出来ます。しかし、私たちも母国語で全て思考を組み立てているのを考えると、別言語で訳して考えるのは非効率だと分かります。

英語は英語で思考し、発信する。これをやれば苦手意識は薄れていくと思います。

まとめると「楽しさ」「アウトプット」。この2つが英語学習に役立つポイントになる筈です。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA