海外系記事

アフィリエイトブログでタイをテーマにするなら?

タイは東南アジアにある熱帯の国です。首都バンコクには日本企業も多く進出しています。

タイと言えばトムヤムクンや屋台などの料理や、仏教が真っ先に思い浮かびます。米が主食で、日本と共通する文化や習慣がありますね。

日本でもタイ料理は人気があります。辛くて香り高い味付けはご飯ともマッチします。逆に日本料理もタイでは人気があるようです。

熱帯気候でビーチもあるので、マリンスポーツやバカンスに訪れる人も多いです。タイと日本は良好な関係を築けている間柄だと思います。

日本人がタイに移住し、日本語でブログを書いている場合もあります。タイの姿を日本に発信するのは現地の日本人が最も強いですね。

アフィリエイトで見ると、タイで日本の商品やサービスは色々売れそうなものが多い。タイ人向けにアフィリエイトするのは考える要素が多そうです。

日本の家電製品は世界的に有名ですが、暑い国だとクーラーや冷蔵庫は求められるでしょう。エコや節電に強い日本の冷蔵庫などは需要がありそうです。

後はウォーターサーバーも良さそう。夏に冷たい水や飲み物がすぐ飲めるのはいいものです。魔法瓶もニーズがありそうな気がします。

暑い中で涼しく過ごせる情報が詰まったブログ。これはタイ人にも読まれやすいと思います。タイの需要にハマったブログが作りやすい筈です。

文化やサービスでもアフィリエイトする余地は大きいと思います。日本のアニメや文化を好む人は多く、彼らにブログで発信していくのは喜ばれるでしょう。

もし日本の宅配業者や代行業者が進出していたら、彼らを紹介するアフィリエイトも成立します。

時間や仕事内容に正確さを持つ日本のサービスは、アフィリエイトしても不満は出にくいでしょう。ブログでそれらをまとめるだけでも見られそうです。

こう見ていくと、日本とタイはアフィリエイトで互いに魅力を伝え合える気がして来ます。

ブログで双方の魅力やポイントをまとめると、両国でアフィリエイト出来ると思います。ウィンタースポーツなどは日本の魅力としてタイに紹介可能でしょう。

アフィリエイトブログでタイを扱うなら、こういった要素が考えられる。面白いブログになると思います。

アフィリエイトで見るタイという国

タイは親日で、日本とは古くから付き合いがあります。日本の商品やサービスはタイで人気が高いです。

アフィリエイトする上で、相手と関係が良好なのは強くプラスに働くでしょう。タイは日本人がアフィリエイトしていく下地があると思います。

アフィリエイトの観点から見るタイという国。それを掘り下げていきます。

経済成長著しいタイ王国

タイは人口が約7000万の国です。面積は日本の約1.4倍程で熱帯気候のジャングルが覆う土地になります。

東南アジアの中でユーラシア大陸にあり、四方を色んな国に囲まれています。経済成長が著しく、日本企業も多く進出する国の1つです。

首都のバンコクはインフラ整備も進んでいて、人口層も若い人が多いのが特徴です。高いポテンシャルを持った国と言えるでしょう。

日本だけで無く、欧米や中国の企業も進出しているなど、世界的に投資を集めているのは評価出来ます。これからが楽しみと見れる証ですね。

タイは王国と付くように王政を採用しています。日本にも皇室があり、両者の交流は戦前からあります。

近隣諸国が大きな戦争や植民地支配を受ける中で、タイは独立を保った歴史を持っている。第二次世界大戦後も大きな混乱をほとんど経験せず、順調に発展を続ける国です。

戦中に日本とタイは協力関係にありました。戦後直後の日本がタイから借りたお金を返せないでいる時、その債権を放棄したという恩を受けています。

後に復興した日本はタイに援助や投資を行っています。両者は君主を戴く国同士として、絆を育んで来た関係と言えるでしょう。

TPPへの加盟を検討中

日本とも良好な関係を築くタイは、TPPへの加盟も検討しています。TPPへ加盟すれば人口約10億の経済圏に入ることになります。

日本企業の進出が多いタイの加盟は、日本としても嬉しい筈です。アメリカがTPPから抜けているので、日本が実質的な盟主となっています。

タイはトラブルが多い開発途上国の中でも優等生で、揉め事が少ないのも長所です。タイが入れば未加盟の東南アジアや南アジアの国のモデルケースにもなります。

仏教が主流の微笑みの国

タイは仏教国で、ここでも日本との親和性があります。インドネシアやマレーシアがイスラム教で、フィリピンがキリスト教なのとはかなり違います。

東南アジアで中国と文化的に近い国がシンガポールやベトナムです。タイはネパールやインドに近い所があります。

日本もかつてはお坊さんが尊敬を受けたり、医者の役割を果たす地位にありました。タイではお坊さんは尊敬を受ける存在となっています。

微笑みの国とも呼ばれ、国民幸福度が高い国でもあります。タイ人の笑顔は日本で言う挨拶や建前に相当するようです。

建前というと固いイメージになりますが、社会を円滑に回す為と捉えるなら良いものになります。

タイ人が微笑むことは、日本人が挨拶で関係をスタートさせるのと同じです。微笑みはコミュニケーションであり、彼らを幸福に結び付けるものであります。

日本とは親和性が高そうなタイ。今後も日本が注目すべき国だと思います。

日本製と書けば売れるものは多そう

タイでは日本人気が高く、アンケートでも好感を抱く国の1位に選ばれています。日本製品や食事、文化などは人気があります。

日本の家電や電機は売れるでしょう。暑いタイではエアコンの使用が多く、エコで節電に強い日本のエアコンはニーズが高いです。

タイはモンスーンがあり、日本で言う梅雨や秋雨みたいな雨の時期があります。日本よりも雨が多いタイでは、洪水の危険も多いです。

雨でも出かけるのが日本人で、その為に雨具が発達しているのは意外と知られていません。雨具を紹介すると喜ばれるのではないでしょうか。

タイは他の熱帯の国と同様に、辛くて汗を掻ける料理が好まれます。インドやメキシコでも暑い気候と辛い料理が好かれる点は似ていますね。

日本の辛味と言えば、ワサビがまず候補に上がります。タイでは日本料理も人気があり、ワサビを使う寿司や刺身は好まれているようです。

アニメやコスプレなど、日本発の文化も人気が高いです。それらの商品を紹介しても売れると思います。

このように、タイに売れる日本の商品はたくさんあります。どれか1つに絞っても書くことはいっぱいあるでしょう。

タイ王国の現状

タイは王国で、東南アジアでは順調な発展を遂げて来た国です。しかし、順風満帆だった訳ではありません。今も困難は存在しています。

世界を揺るがす新型コロナの脅威はタイにも襲い掛かっています。また、中国の進出がネックになっている要素もあります。

過去には経済危機もあり、比較的平和だけど不安も抱えているのがタイです。それでも将来性は高いと感じています。それを書いていきますね。

中国の進出も盛ん

タイでは近年軍事クーデターが起こりました。今の政権は軍事政権で、王政ではあるものの独裁を行っています。

特にタイ人を虐げている訳ではありませんが、軍事独裁と言うのはアフリカでよく見られる政治形態になります。

欧米は民主制を採用しており、軍事独裁制を採る国をあまり好ましく思いません。日本はその点では無頓着ですが。ここがタイのネックにもなっています。

軍事独裁となると先進国の好感度が下がります。そうなると投資や援助の面で不利になる。その為、別の政体を持つ国との交流が深くなりやすいです。

その筆頭が中国です。中国の投資額は増えており、特にアメリカと揉めるようになってからは増えています。必然的に中国の影響が強くなっている。

タイ王室にも中国の干渉が伸びており、ここに長く続いた王政への不安が出て来ています。中国の進出は日本にとっても無視出来る要素ではありません。

中国がタイを重視するのは悪くないけど、中国の意向をタイで振るう結果になるのは日本も欧米も好ましくないです。

今後どうなるかは不明ですが、未来が楽しみなタイに影を落とすポイントではあると思います。

新型コロナに負けない国造り

タイは農業国でもあります。豊富な雨と熱帯気候が農業生産を大きく押し上げています。米は2期作や3期作も可能な程です。

日本は温帯なので、米は夏の時期に1回しか作れません。タイは熱帯だから年に2回も3回も作付けが出来る訳です。

日本人が好きなタピオカやパイナップルも輸出しています。また、カップヌードルや外食に使われる養殖エビもたくさん作って売っています。

中国もタイから米をたくさん輸入しており、世界に食料を輸出する国の1つです。日本がほしがる農産物や水産物を作っています。

新型コロナが流行り始めた時、「自家野菜を育てる国民運動」を立ち上げて全国民の9割が実施しています。

ナスやオクラなどをたくさん作り、余った分は分け合うなどの助け合いもしている。こういう所は日本も見習う点があるように感じますね。

日本も野菜や米、海産物の自給率は悪くありませんが、肉類などが不足しています。また、肉を生産する為の穀物や野菜を育てる肥料はほぼ輸入に頼っています。

カロリーベースではかなり足りていないのが日本の農業です。タイに倣う訳ではありませんが、そこは頭に入れておいてもいいと思います。

世界で人口が増え続ける中、食料の確保は難しくなって来ています。日本も自給率を上げると共に、タイのような農業国との関係も深めないと不味いでしょう。

幸い、日本はタイと良好な関係を築けています。コロナに負けない国を共に目指す関係になりたい所です。

立地条件が絶妙

タイは四方を他国に囲まれています。と言っても内陸国では無く、南部は海に面しています。

南にマレーシア、北にラオスがあり、西にミャンマーで東がカンボジアに接しています。インドネシアやベトナムとも近い地理にあります。

東南アジア諸国の真ん中にあるタイは、他国との交易に有利です。海に面しているので海運で遠くの国とも交易が出来ます。

タイが独立を保てた理由が四方を列強の植民地に囲まれた状態で、その緩衝地域になる選択をしたからと言われています。

先進国がタイに進出し、そこを拠点に他の国へも進出する。タイはその地理的条件が強みになっています。今後もこの点はメリットとして働くでしょう。

困難もあるけど将来性は高い

以上のことから、困難はあるけど将来が楽しみな国がタイと言えるでしょう。首都のバンコクと地方の差や経済格差は大きいものの、いずれは克服出来ると思います。

経済規模では人口で3倍は多いインドネシアに次ぎ、1人当たりのGDPでは隣国のミャンマーやラオス、カンボジアよりも遥かに高くてインドネシアも上回ります。

農業で輸出も出来る程の収穫があり、工業化による経済成長が著しい為、人口も購買力も上がっていくでしょう。水と食料が時給出来る国は危機にも強いです。

また、政権は軍部による独裁ですが、王家が国家の象徴となっている為、いざという時にまとまれるポテンシャルを持っています。

日本も皇室の存在が、国家の象徴や統合を意味する歴史や背景があり、国難の時にまとまる性質を持っています。タイと似ている所の1つです。

コロナ対策で自家野菜を育てる運動に国民のほとんどが参加したように、国民がまとまれる性質がある国なのがタイ王国。

故に、困難や大きな危機があっても団結して克服していけると思います。その点で他の東南アジア諸国より優位だとも言えます。

タイ向けにアフィリエイトブログを作るなら

タイはアフィリエイトが始まって日が浅い為、アフィリエイトブログをする上で使うASPの種類が少ないです。

台湾は独自のASPや日本でも使えるものがあり、中国では全て独自のASPで固められています。タイはその辺りが大きく違います。

タイ向けにアフィリエイトブログを作るなら、タイと日本で使えるASPを探す必要があります。

タイと日本で使えるASPの登録

タイで使えるASPの筆頭に来るのがアクセストレードです。日本だけで無く、タイでもサービスを展開している。

タイ語で表記されますが、今はGoogle翻訳などが発達しているので理解は出来ます。タイ向けにアフィリエイトする上で翻訳機能は有難いでしょう。

また、タイに住んでいても日本のASPに登録は可能です。有名なA8.netやアフィb、クローズドASPのレントラックスなどを利用し、日本向けにアフィリエイトは出来る。

タイのアクセストレードではタイ国内の銀行を振込先に指定します。タイの貨幣であるバーツで振り込まれます。日本円の両替はまた別の話です。

また、Googleが検索エンジンで使われることが多いので、Googleアドセンスも候補に挙がります。アクセストレードとGoogleアドセンスの併用もいいでしょう。

まだタイではアフィリエイトが貧弱な為、ASPも使えるものが限られます。軸はアクセストレードにして、余裕があれば他も探すのがいいと思います。

タイ語は使える方がいい

翻訳は出来ますが、タイ向けにアフィリエイトしていくなら主要言語のタイ語は出来た方がいいです。英語圏に英語で、中国語で中国や台湾向けに書くのと同じです。

日本語が通じなくても、英語だと読まれる可能性はあります。タイを対象とするなら、タイ語か英語の素養はある方が間違いないでしょう。

検索エンジンではGoogleがほとんどを占める為、SEO対策も日本の場合と同じものが使えると思います。Googleで評価されるブログをタイ語で書けるのがベストです。

熱帯気候ならではの悩みに刺さるものはいける

タイに限らず、東南アジアや南アジアは熱帯気候の国がほとんどです。日本の夏に相当する季節が年中続くのに近い。

熱帯は雨が多くて高温なのが特徴です。豊富な雨と高い気温は熱帯雨林を作り、豊かな自然資源を提供する環境を生みます。

米の2期作や3期作が可能なのも、熱帯の高温で多雨な気候があって実現出来る。日本のような温帯や冷帯ではまず無理です。

熱帯は野菜や果物も種類が多くて豊富に採れます。食料生産に適した気候であり、農業で高いポテンシャルを持ちやすいです。

一方で悩みもあります。生物の活動が活発なので、害虫の発生も多いです。その1つが蚊になります。日本でもお馴染みの夏の厄介者ですね。

蚊は日本脳炎やマラリア、エイズなどの怖い病気をまき散らす厄介な存在になります。特に熱帯地域の蚊は数も多く、嫌な病気を持っていることが多いです。

蚊が媒介する病気で亡くなる人の数はかなり多く、蚊は熱帯地域の悩みになります。これを何とかしたいと思うのはまず間違いない筈です。

そこで日本の商品が役立つ。蚊取り線香や蚊帳など、日本では昔から蚊を避ける道具が発達して来ました。今は電化製品にもなっていますね。

蚊避けグッズを宣伝するのは有りだと思います。都市部に住んでいても蚊の脅威はあり、タイ全土でニーズがある商品だと考えられるからです。

他には暑さ対策の商品やサービスも売れるでしょう。年中暑い国では涼しさを求める需要が存在します。

日本では夏に駅の近くで、霧を発生させる装置が設置されている所もあります。猛暑になりやすい地域では見られると思います。

そうした装置や携帯出来る扇風機など、暑さ対策になり得る製品は売れるのではないでしょうか。料理や食材もそれ系が求められそうです。

汗をたくさん掻くので、臭いが気になりやすいのもありますね。香水や化粧品で良い香料を使った商品も買われそうです。

多湿な気候では乾きにくいので、乾燥が必要なものには乾燥剤が要ります。日本で売られている乾燥剤は地味ですが、場所によっては需要がありそうです。

このように高温多湿な熱帯気候に適した悩み。それに刺さる商品はタイだけで無く、熱帯気候の国で売ることが出来ると思います。

タイは仏教国だから

タイは仏教徒が9割を超える仏教国です。日本も混ぜこぜではあるけど、大体は仏教を受容した人が多い国になります。

仏教ではご先祖様を祀る為の仏壇や、寺の建材となる瓦や畳、塗料などが必要です。日本はそうした商品や素材、サービスが豊富に揃えられています。

墓石に名を彫ったり、磨いて整える石材店も多くあります。葬儀も仏教の形式に則って行う所が多いです。

こうした仏教国ならではの商品やサービス。これも売る対象になるかもしれません。仏教国であるタイだから出来るものだと思います。

逆にタイから日本に輸入されるものもあるでしょう。タイ式の仏教や葬儀のサービスや製品を求める人も考えられます。

タイで見るべきブログの題材

タイは色んなものに恵まれています。熱帯ならではの楽しみや日本との繋がりが、日本人を惹きつける魅力になるでしょう。

具体的には料理や食材、文化や観光などが挙がります。タイの魅力は日本人にも受け入れやすい筈です。ブログに書くならこれは絶対あった方がいい。

美味しい料理や楽しめる観光地、共感しやすい文化はブログのネタとして優秀です。タイを好きになる人が増えると思います。

タイで見るべきブログの題材。それを最後に書いて締めとしましょう。

料理や食材

タイ料理は日本でも人気があります。トムヤムクンは辛い魚介や肉を入れたスープで、米や米の粉で出来た麺を付け合わせて食べます。米や魚が好きな日本人にも好評ですね。

パッタイは米で出来た麺料理です。トムヤムクンのヌードルがうどんになるなら、こちらは辛い焼きそばや皿うどんに近いと思います。炒めるのが特徴です。

暑い地域なので、香辛料や香味野菜を多用するのが特徴になります。インドのカレー粉に相当するガランマサラみたいなものはありませんが、辛い料理が好まれます。

米作が盛んな為、日本のように米が主食になります。ご飯+おかずみたいな組み合わせが一般的です。米はインディカ種で日本のジャポニカ種と異なりますが。

鶏肉や豚肉が多く消費され、川魚や海魚もよく食べられます。ヒンドゥー教の影響を受けるからか牛肉はあまり流通していません。アヒルも好まれる所は日本と違いますね。

野菜も多いですが、それ以上に果物が豊富なのが特筆すべき所です。日本でも人気の高いマンゴーやパパイヤ、熱帯のイメージの強いドリアンやマンゴスチンもあります。

そのまま食べたり、加工してデザートやジュースにすることが多い。暑い国なので、冷たくして食べるのが好まれます。ジュースやアイスは日本人にも受けるでしょう。

日本と似ているようで違うのは醤油の存在です。日本では大豆醤油が一般的ですが、タイでは魚醤の一種であるナンプラーがよく使われます。

魚醤は日本ではしょっつるなど、一部地域では使われる調味料です。タイと日本の両方で互いに口に合いそうな調味料があるのは面白いですね。

これらを使った辛い味付けの料理がタイ料理です。人を選ぶのもありますが、日本人にも受け入れやすいものが多いと思います。

観光や文化

観光資源も豊富なタイには日本人も多く訪れます。歴史では仏教寺院、自然系では熱帯のビーチや森などが見れます。

気軽にマリンスポーツが出来るのは楽しめる人も多いでしょう。人種差別が少ない国というのも観光にはプラスですね。

タイ式マッサージは、インドのヨガや西洋のマッサージなどが融合して生まれたものです。忙しい日常から離れてリラックスしに行くのはいいと思います。

仏教美術も有名で、仏像や建築物は高い評価と人気を持っています。仏教が多い日本人にも感じるものがある筈です。

スポーツではムエタイが盛んです。ムエタイはタイ版ボクシングといった感じで、キックボクシングっぽいスポーツです。国技にもなっています。

モータリゼーション化が進んでいるので、モータースポーツも盛んになって来ています。日本とタイで交流も増えているようです。

自国の映画も作っており、歌手は日本でも知られている人もいます。エンターテイメントが盛り上がって来ていることが伺えます。

熱帯情緒と仏教の国がタイ。日本人も楽しみやすい環境が整っていると思います。その辺りを紹介していくのがブログやアフィリエイトで役立つでしょう。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA