ジャンル(アフィリエイト)

アフィリエイトブログで病気と向き合うなら

病気は今流行っている新型コロナも含め、数え切れない程の種類があります。コロナのせいで医療リソースが削られているケースも見られます。

病気は誰もがかかる嫌なものです。子供から老人まで、あらゆる世代で悩みや困りごとを発生させます。医療が発達したのもそれだけ脅威が大きいからですね。

歴史上、人を最も多く死なせてきたのは病気と言われています。不衛生な環境や不完全な食事が、多くの伝染病や欠乏症などの病気を発生させました。

清潔に気を付けることで、乳幼児死亡率が大きく下がったデータもあります。飽食とまで言われるレベルで栄養状態が改善したのも大きいでしょう。

一方で贅沢や習慣が生む病気も生まれました。どれだけ文明や技術が発展しても、病気が消えることはありません。本当に悩ましいですね。

貴族や上流階級に流行ったのが、今の生活習慣病と言われています。江戸の人は白米ばかり食べたせいでビタミン不足になり、脚気を患う人が多かったそうです。

このように病気は常に傍にある厄介者です。故に、それに対処するニーズも常にあります。アフィリエイトブログで取り上げることも考えられる分野です。

薬では無いけど、喉の痛みや咳を抑えるのど飴はスーパーでも売られています。龍角散のど飴は有名ですね。風邪をひいた時は舐める人もいるでしょう。

意外ですが、コーラも風邪に効くようです。風邪の症状を抑えたり、状態を緩和する食品やグッズは特に冬に需要が高まります。

アフィリエイト出来る商品やサービスは探すと見つかるかもしれません。夏も病気は流行りやすいので、そのニーズを探ると役立つ可能性はあります。

私はお腹に来やすいので、風邪の時は脱水にならないように経口補水液を飲みます。ウイルスや菌の排出を促す為、下痢止めは飲まないようにしている。

このような病気に対処する為の道具や食品。これらはアフィリエイトブログで紹介出来るものも多いでしょう。薬では無いのでそこは注意が要りますが。

また、自分や家族が病気を患って闘病するケースもあります。その時に使う商品やサービスをアフィリエイトするのも考えられると思います。

ブログに病気に合わせた食事を載せたり、痛みや苦しみを和らげるグッズを紹介する。アフィリエイトブログで病気をテーマにするなら、同じ悩みを持つ人が見に来る筈です。

病気は誰もが抱え得るリスク。リスクには需要が生まれます。そこに刺さる内容や情報は、アフィリエイトブログ運営に役立つと言えるでしょう。

アフィリエイトで見る病気

アフィリエイトで病気を取り上げるなら、その病気が何かを知る必要があります。風邪も原因はいくつもあり、はっきりとした内容を把握するのは意外と困難です。

骨折なら無理な動きやカルシウム不足、貧血なら鉄分不足などの原因があります。原因は大別して3つありますが、複合的に起こるものもあります。

アフィリエイトで病気を扱うには、科学的な見地を持った方が内容の深みを出せるでしょう。感覚だけでは伝わりにくいです。

アフィリエイトと病気。そこに見出せるものから商品を探すのがいいと思います。

生活習慣から来るもの

生活習慣病と呼ばれるものが主に該当します。運動不足や不摂生によって起こる病気全般になります。大抵の病気は生活習慣と関わっている。

糖尿病や通風などはこの代表格です。糖尿病は長年に渡って高血糖状態を放置した結果、インスリンによる血糖の吸収が出来なくなり、血糖値が高いままになっている病気です。

多くの場合は糖分を取り過ぎることで起こります。血糖が高いと血液がドロドロになったり、細胞がエネルギー源の糖分を吸収出来なくなって問題が起こります。

失明や免疫不全など、色々な合併症を引き起こすのが糖尿病の怖さです。織田信長も糖尿病だったと言われています。

痛風はアルコールの取り過ぎが原因となることが多い。痛風は尿酸値が高いことで起こります。関節部に溜まった尿酸の為に強い痛みを起こす病気です。

酒だけが原因では無いものの、酒好きな人に発症しやすい病気です。これも生活習慣が要因となっています。

他にも高脂血症や高血圧など、生活習慣の乱れで起こる病気は数多くあります。これらを総称して生活習慣病と呼ばれる。

ガンも生活習慣が背景にあることも多いです。肺ガンは喫煙や粉じんなど、肺を痛める習慣から発生するケースもあります。

消化器系のガンは暴飲暴食があったり、肝臓ガンはアルコールや薬による肝臓への負荷が積み重なって起こることもあります。

厳密には生活習慣病とは言えないけど、長年の蓄積が関係する点は否定出来ません。

不意に来るもの・先天的なもの

冬に風邪やインフルエンザにかかったり、夏に食中毒に遭う場合がこれに当たります。突発的に、不意に遭遇する病気は防ぎにくいものです。

猛威を振るう新型コロナもこのパターンです。症状は軽ければ風邪のようなものですが、重症化すると重篤の肺炎や肺への障害を引き起こすウイルスになります。

ウイルスや菌以外にも病気は存在します。夏に暑い所で熱射病になったり、冬に寒い所で低体温症になるケースも該当する。

乾燥した気候で水分を摂らないと脱水症状になりやすいです。緊張から来るストレスで失神などの症状を引き起こすものも含みます。

これの嫌らしさはどこから来るかを予想しにくいことです。対策を講じても発生する時はあるし、予想外の原因で起こる場合もあるからです。

また、先天的な遺伝子失陥など、遺伝子や体質が原因で発生する病気もあります。ガンは遺伝子の問題で起こりやすく、難病もこのパターンが多いです。

老いも病気と見なせる

老いれば若い頃のように身体は動かせなくなります。若い頃を基準とすれば、老いた身体は病気のような状態と言えるでしょう。

新陳代謝も内臓機能も低下し、無茶が利かなくなるのが老いです。病気の時は身体の機能が低下していることがほとんどで、老化もそれに似ています。

誰もが老いる為、人は潜在的に病気を抱えていると見ることも出来るでしょう。老いることで気持ちや精神面でも問題を抱えてしまうこともあります。

お役立ちグッズや食品などが対象

病気は誰もがかかるものです。幼い頃はよく発熱や感染症を経験することが多い筈です。子供は本当に病気になりやすいと思います。

私も幼い頃は毎年の如く熱を出していました。インフルエンザで39度台まで発熱するとキツくて堪らないですよね。頭痛は日常茶飯事でした。

今も秋口に体調不良になることがあります。消化器系が弱い為、風邪や病気の時はそこで問題が出やすいです。

個人ごとに病気や出る症状に差異があります。辛さも人それぞれで、抱える悩みも全く変わって来ると思います。

病気の時に役立つグッズや食品。この辺りは経験から紹介出来るものもある筈です。自分や家族の病気で使えたものが他の人に役立つことはあります。

例えば子供が汗疹になる場合があります。幼い子は肌が弱くて汗っかきなので、夏は油断すると汗疹で苦しむことが起きます。

汗疹は大人でも発生するので、対策となる道具や方法を紹介するのは需要があるでしょう。汗を掻いても汗疹にならない工夫をするか、素早く治すものは役立つ筈です。

汗をよく吸収する下着。綿は汗を吸う為、高温多湿な日本の夏にマッチする素材です。他にも汗対策になる下着や寝間着を見つければ汗疹対策になります。

汗疹になっても入浴時に肌ケアをすれば治ることが多いです。肌ケア効果のある入浴剤や製品などが売れる商品となるでしょう。

脱水症や熱射病になれば、迅速な水分補給が重要になります。ただ水を飲むだけではダメで、汗で失われた電解質も補給しないといけません。

冷やして薄めたスポーツドリンクや経口補水液。これらは熱射病対策に使えます。涼しい所で水分と電解質を摂れば回復することが多いです。

夏場は暑くて食欲が落ちやすい。これも栄養不足から熱射病を招きます。また、夏バテはスタミナの基本であるビタミンB類の不足が原因となることがあります。

夏に鰻や豚肉を推奨されるのは、ビタミンB類が豊富に含まれるからです。脂肪も適量なら重要なエネルギー源であり、ビタミンB類+脂肪でエネルギー補給が迅速になる。

他には大麦や魚介類もビタミンB類を含みます。雑穀米や麦ご飯を食べたり、とろろの元である山芋も夏バテ対策になる食品です。

このように、それぞれの病気に向いた食品や調理法が存在します。それらも関連商品としてアフィリエイト出来る筈です。

管理栄養士などはより有利な話になるでしょう。栄養配分を考えるのは意外と大変です。専門知識を活かせるジャンルになると思います。

新型コロナは人類全体の病気。アフィリエイトブログで見ると?

もう耳タコレベルになった新型コロナウイルス。今や人類全体が共有する病気になってしまいました。まだ2年も経ってないのにこれです。

今後の世界もコロナを抜きに考えるのは不可能でしょう。コロナという病気を、アフィリエイトブログでも組み込んでいく必要があります。

コロナをテーマとしなくても、それ抜きに語ることが出来ません。アフィリエイトとコロナは結び付けないと需要を掴めなくなります。

ブログで何気なく取り上げることにも絡むのが新型コロナ。この病気とどう向き合うかが、アフィリエイトブログの結果にも反映されると思います。

通年性のウイルスで感染力が強い

真夏にマスクを着けないといけない病気ってだけで特別感があります。通年性かつ異常な感染力を持つウイルスだから、マスク着用が欠かせないのですが。

感染力が強いものは冬に食中毒を起こすノロウイルスや、インフルエンザは代表格です。過去には天然痘や赤痢、コレラなども強い感染力で恐れられました。

三密や不要不急の外出忌避など、人の出入りを大幅に制限する病気となっています。症状より、その感染力の強さが経済や価値観への影響を与えている感があります。

変異しやすく、重症化や後遺症がある

初めてコロナが確認されたのは中国の武漢です。人為的に造られたなんて黒い話もありますが、発祥地はそこで間違いないと考えられます。

最初のコロナウイルスは武漢株と呼ばれている。中国人がまず感染し、飛行機や船で世界中に渡ったことで世界全体に広まってしまいました。

コロナウイルスそのものは、過去にSARSやMERSが確認されています。これらも感染力が強くて猛威を振るいましたが、中国近辺だけの感染に留まっています。

世界に広まる中で武漢株は変異を起こし、デルタ株やデルタプラス株、ラムダ株といったウイルスが誕生しています。

これら変異種は症状の重さは不明ですが、感染力が非常に強くなっているのが特徴です。また、武漢株を基にしたワクチンが効かないことも厄介な所です。

日本ではファイザー製のコロナワクチン接種が進んでいます。上手くいけば年内にはほぼ全員の接種が終わるでしょう。

ファイザーやモデルナ製のワクチンはm-RNAワクチンです。これはウイルスの基本になるRNAを設計図と見立て、体内に入れることで型を覚え込ませるものになります。

体内の免疫細胞はウイルスや菌のパターンを記憶し、素早く処理することで再発を防ぐ機構を備えています。m-RNAワクチンはその仕組みを最大化したと言える。

コロナが変異したとしても、基本的な設計図は変わりません。設計図を身体が覚えていれば、体内に侵入したコロナウイルスを迅速に倒すことが可能になります。

実際に変異株にも高い効果を示しており、日本におけるコロナの猛威は抑えられる見込みが出て来ました。それでもマスクは外せない社会にはなるでしょうが。

新型コロナは主に肺や気管支、消化器系へダメージを与えることが分かっています。体力が落ちていると重篤な肺炎や肺気腫といった症状を引き起こします。

また、嗅覚や味覚に異常が出るなどの後遺症も確認されている。人によっては性機能に障害が出た例も報告されています。

ワクチンも万能では無く、後遺症や副作用を抱える人もいますが、全体としてはコロナの脅威を抑えられる効果があると考えられます。

パンデミック化した病気

症状そのものはコロナより怖い病気はいくらでもありますが、異常に強い感染力が一番凶悪だと感じます。

アメリカは既に60万人以上が亡くなり、世界全体でも440万弱の人が亡くなる被害が出ています。先進国ですらこれだけの猛威を振るっている。

世界全体の感染者数は2億人を超えています。世界人口が約80億と考えると、2%強の人が感染している計算になります。

過去にこれだけの人に感染した病気はそう無いと思われます。かかっても軽かったり、回復する人も多い病気ですが、どんどん新規感染者が増えるのは恐ろしいです。

人の出入りが制限されるのは必然となります。感染者が多い国は人の出入りが許されません。出入りを許すとさらに広まる危険性が上がるからです。

人口の多いインドは広まるスピードが高い。中国もデルタ株やラムダ株が猛威を振るっています。人が動けなくなれば経済や流通、生産に悪影響を及ぼします。

世界全体で政府債務が膨張しているのは、コロナ対策で臨時国債発行を迫られた為です。それだけ社会に悪影響があったことの証と言えるでしょう。

財政破綻に追い込まれそうな国も多く、いかにコロナが世界経済を揺さぶっているかが分かります。先進国がワクチンを無償で開発途上国へ配るのも支援の一環です。

コロナ対策商品も案件として見れる

これだけ社会や世界に影響するコロナですが、関連する商品やサービスのニーズもまた大きいことを意味します。

マスクは買い占めや転売の問題が起きたように、依然として需要が高い商品です。マスクは手放せない為、今後は生活必需品になるでしょう。

アルコール消毒やオゾン消毒装置など、衛生用品はずっとニーズがある筈です。公共施設でも入口や人が集まる場所は設置されていると思います。

買い物代行や宅配サービスは需要が上がっています。外出せずに用を済ませるサービス全般は、今後も変わらないニーズを持つでしょう。

室内で出来る運動をサポートする器具やサービスもいいと思います。筋トレグッズや運動用の器具は、家でする運動の助けになる筈です。

家で仕事をするならパソコンやネット環境は必須ですね。ネット開設やパソコン関連も、間接的なコロナ対策商品と言えると思います。

逆に家事代行サービスは減るでしょう。家に居る時間が長くなれば、家事全般を自分や家族で行う方向に進むからです。

家事にお役立ちの商品は売れるでしょうか。良質な掃除用具や調理器具があれば、家事の負担も減ります。スーツにアイロンがけも自分で行えばいい。

まとめると、家で可能なサービスやコロナ感染を防ぐ商品が売れ、外出前提となるものが売れにくくなる感じでしょうか。

扱うと不味いのが薬や健康食品・器具です。薬事法違反の危険性があり、今年だけでも数件逮捕者が出ています。アフィリエイトでも捕まる可能性があります。

病気ブログを作るなら、生活や仕事と絡めて書く

病気ブログと言えば、一般的には闘病を綴ったブログになります。実際に病気と闘う姿を記録していくものです。

治らない限りは一生付いて回る厄介者。病気は仕事や生活と切り離せない存在でもあります。ブログにそれを反映させていくのがいいでしょう。

病気ブログで大切なこと。それを考えて書いてみました。

病気で困ることや対策は需要がある

病気は自分の身体や心にくっつくものだから、必然的に生活や仕事と関わりを持ちます。風邪で発熱している時は思うように動いたり、思考出来ないのが普通です。

糖尿病なら糖質やカロリー制限が付き物になる。食事に密接に関わる話ですね。どんな食材やメニューにするかを考えないといけません。

使う食品やカロリー計算をすると、それだけでも良い情報になります。1週間の献立をブログで書けば、同じような悩みを持つ人に刺さる内容となるでしょう。

実際に病気と闘う姿や取り組みは、読み手に勇気や気力を与える筈です。Doクエリを満たす記事になり得ると思います。

運動メニューを載せるのも悪くない。糖尿病は食事だけで無く、運動も効果的な治療になるからです。普段の運動風景も独自性のある情報になります。

他にも病気ごとに対策や困りごとがある。それを1つ1つ記事やページに仕上げれば、同じ病を抱える人達の心を掴むブログに育つでしょう。

難病などの重い病気は保険や制度を紹介する

指定難病と呼ばれる病気もあります。多くが先天性で、生活習慣だけでは対処が無理なものです。私もそれを疑われたことがあります。

難病や重い病気があると満足に働けないことも起き得る。意思があっても働けない、雇ってくれないというパターンは辛いものです。

障害者も仕事や生活で苦労することが多いです。それなら難病や障害がある人向けの、雇用制度を利用するのが良い場合もあります。

医師に診断書を書いて貰い、相談センターなどから紹介してもらう。企業側と話し合う機会を作って貰えることもあります。

難病や障害があると、通常の医療保険に入るのが難しいことも多いです。専用の医療保険制度を探して見せるのも需要がある内容になる筈です。

自分がかかっている病院や医師について語るのも良いと思います。実際の治療を知れる機会はなかなか無い為、それだけでオリジナリティを出せる。

精神病も外で働く上で問題になるケースが見られます。その対策や使える制度など、紹介して喜ばれる情報は結構多いと感じます。

そうしたお役立ち情報を載せれば、病気を軸にアフィリエイトブログを作ることは可能です。刺さる人に刺さる質の高いブログになり得ます。

病気でも出来ることや姿勢はファンを作る

病気でどうしても外で働けないケースもあります。それでも家でネットやパソコンから仕事をするのは、可能な場合もあるでしょう。

病気を抱えていても働ける、出来ることがある。その姿勢や取り組みは読み手に共感や感心を起こすと思います。

読者は悩みや困りごとを抱えています。読者は書き手から勇気や解決策を貰いたいと思っている。書き手はそれを満たせば良い筈です。

愚痴を書くのも時にはいいですが、基本はポジティブに誠実にやる方が読まれるでしょう。病気でも生きていけると伝われば、ファンの獲得は難しくないと思います。

特に辛い環境下で頑張っている姿を出しやすいのが、病気という分野です。病気そのものは厄介でも上手く活用すれば武器にもなる筈です。

ファンを獲得することが、病気をベースにアフィリエイトする上で役立つと考えられます。

病気でアフィリエイト出来るサービス

グッズや食品の他に、医療保険や民間の年金もアフィリエイト出来ます。病気に対するリスクヘッジと考えれば紹介可能な案件は色々ある筈です。

日本人は保険が大好きな為、人気のアフィリエイトジャンルの1つとなっています。病気に関わる医療保険や年金保険などを説明・宣伝するとお金になる。

後は薬になるべく触らないように気を付けることです。薬は専門家である医者や薬剤師の領分であり、一般人はノータッチにした方が安心です。

保険や年金。これを病気ブログでアフィリエイトしていけば、高額報酬も狙えるでしょう。

医療保険

日本は金融保険業が発達しています。特に保険はあらゆる分野で見るレベルです。医療保険は病気のリスクに備える保険になります。

多いのがガン保険です。日本人の死亡理由でガンはトップクラスに多い。ガンに備えることは、病気への準備と同義な所があります。

病気の種類や重さで、使える保険も変化します。健常者で無いと入れないものもあり、自分が将来どうなるかを考えて加入するのがいいでしょう。

医療保険は怪我に適用されることもあります。入院保険なんかは入院すれば降りるものです。怪我の危険がある人は入るのも手だと言えます。

そういった情報をまとめて紹介する。保険は条件や種類が多くて分かりにくい為、分かりやすく整理して伝えると喜ばれる筈です。

年金

国民年金や厚生年金は国民の義務ですが、民間の年金をかける人も多くいます。基本は公的な年金を優先して払うのがいいですが。

病気とは直接関わらなくても、将来の出費や収入の減少に備える。その考えで年金を宣伝するのも悪くないと思います。

保険と同様に一定期間は掛け金を払い続ける必要がある為、意外と負担は大きいものです。それを断った上で紹介して売るのはいいでしょう。

因みに、公的な年金は三段階に分けられているのはご存知でしょうか? 私たちが年金と呼ぶのは老齢基礎年金を指すことがほとんどです。

老齢基礎年金+障害基礎年金+遺族基礎年金の3つが国民年金の中身になります。厚生年金や、公務員が加入する共済年金も構造は同じです。

強制加入であり、一定の加入条件を満たすことで貰える年金が公的な年金です。条件を満たせば自分が死ぬまでは貰えるお金になります。

障害基礎年金は怪我や病気で働けなくなった際に貰えるものです。若くても加入条件を満たせば支払われます。

遺族基礎年金は自分が死んだ後に遺族に払われる年金です。子供が成人するまで貰えるなど、若くして亡くなった場合のセーフティネットの役割を持っています。

薬は手を出さない方が無難

何回か言いましたが、病気ブログでも薬の話は気を付けるポイントです。また、薬事法違反になりそうな健康系の商品も対象になります。

サプリメントを飲んで骨粗しょう症が治ったとか、運動器具を使ったら頭が良くなったなど、医学的根拠に乏しい内容を出すのは良くありません。

病気以外でも健康や美容、脱毛や育毛ジャンルで問題が起きています。専門家が根拠を持って紹介するスタイルに限定されるのが今後の流れでしょう。

本当にその薬効が確かめられているならまだしも、口コミや体験だけで語るのは薬事法に触れる危険があります。正しく証明を要求される所だと覚えましょう。

詳しくないなら、薬やそれ系の商品やサービスは宣伝しない方が良い。不要なリスクは避けた方が賢明です。

病気で悩む人向けの機関やコミュニティ。これを紹介するのも良いと思います。自分が相談相手になれば商品購入率も上がるかもしれません。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA