ジャンル(アフィリエイト)

アフィリエイトブログで脱毛系を考えると

脱毛をテーマにアフィリエイトブログをやる人は男女ともにいます。脱毛は男女共通の悩みや関心と言える。

脱毛は結構大変なものだと思います。毛を処理するのは意外と手間や障害があるものです。

男性だと髭脱毛が多い。髭は本当に邪魔くさいと感じる場面が多いものです。体質的に濃い人は悩みも深いです。

女性は髭よりは別の体毛が気になります。脱毛を考えるのは男性より多いと思います。脱毛のニーズは結構強いでしょう。

なんで髭は生えるのでしょうか? 髪なら分かるし、ファッションや若さの象徴でもあります。髭って何の役に立っている?

髭に行く栄養があるなら全て髪に行ってほしいものです。そうしたら髭は生えないし、髪が薄くて悩むことも減るでしょう。

現代社会は髪以外の体毛を忌避する価値観があります。髭や眉が目立つと不快な印象を受ける人が多いです。

だから脱毛を考える人が増えるのだと思います。今後もニーズは続きそうな分野です。

アフィリエイトブログにも書きやすいジャンルだと思います。理由は体験談を載せやすいからです。

自分が脱毛サロンや脱毛器で試したことを、そのままブログに書くことで紹介になります。脱毛系はサービスや商品も多いので、売れるものが豊富でもある。

何より、効果を実感しやすい分野は説得力が強いです。知見が無い人にも伝わりやすく、悩む人には刺さる情報になりやすいと思います。

アフィリエイトする上で重要なのが集客と教育です。集客は検索上位やSNSからの流入、教育は関連知識や経験談を混ぜることでユーザーに訴えかける。

経験を活かせるとブログ記事の独自性が出やすいです。アフィリエイトでも独自性は重視されるので、脱毛はその点でやりやすいと考えられます。

取り組む人もそれなりに多い為、差別化は図らないと上位表示は難しくなる。差別化するには独自性や考察がポイントになると思います。

アフィリエイトブログで脱毛系をやるなら、どういったことが必要でしょうか?

今回はそれを考えてみます。新型コロナも脱毛系に影響していると思うので、その点を含めて見ていきましょう。

アフィリエイトブログで脱毛系はよく見る

脱毛をテーマにアフィリエイトブログを書く人は結構多いです。身近で書きやすい題材なのは間違いなくあると思います。

イメージしやすいものは扱いやすい。万人の悩みにもなり得るのが脱毛です。アフィリエイトブログで取り上げると注目されやすい分野だと思います。

脱毛は男女差が大きいジャンルです。アフィリエイトブログで何が扱われるかを書いていきます。

男性は髭脱毛

男性の悩みの種が髭です。髭は邪魔な癖に身体の毛では一番硬く、同じ太さの銅線並みだそうです。なんでこんな性質なのでしょうか?

昔は髭はファッションや身分を示すものでもあり、尊ばれた時代もありましたが、今では単に邪魔な存在になっています。

髭は処理が本当に面倒くさい。剃っても剃っても生えて来るし、柔らかくしてからでないと肌を傷つける恐れもあります。

濃い人は朝に剃っても夕方には生えて来るレベルです。剃った後も青ぞりと呼ばれる状態になり、見栄えが良くないのは鬱陶しいですね。

本当になんでこんな邪魔なものが備わっているのか。こう突き詰めたいレベルで要らないと感じます。女性は嫌がる人が多いです。

出歩くなら髭の処理は必要になります。営業や小売りなどは髭を気にする人が多い筈です。髭が生えなくなる薬や食べ物があればいいですが。

なので、男性が求める脱毛は髭脱毛が一番になります。髭を脱毛して煩わしさから解放されたい人は一定数いる。

女性は髭以外の脱毛がしたい

女性は男性と異なり、髭で悩む人は少ない。女性が気にするのは手足や顔の体毛になります。

顔の毛というと男性にはあまりピンと来ないけど、目立たないながら薄い毛は顔に生えています。これを取り除きたい女性は意外といる。

眉や首のうなじを整える為、脱毛したいと考える人も多いです。また、脇や背中が気になる人もいます。

露出している所のニーズが高いと見れるでしょう。外見を気にするのは女性の方が強い筈。

男性との違いは、髭以外の部位の脱毛の需要が高いということです。脱毛もどちらかと言えば女性向けのジャンルになりますし。

体毛は人体をガードする役割はありますが、髪以外は喜ばれません。理由は見た目が悪いからです。

今は服や化粧品が発達・充実して来たこともあり、体毛は邪魔になりがちです。体毛があると化粧がしにくかったり、見栄えが悪くなりやすい。

脱毛を考えたことがあるのは女性に多いと思います。男性も髭脱毛を思ったことは一度はあるでしょう。

体験談を書きやすい分野

実際に自分が試した脱毛をブログに書く。こういったケースは多いでしょう。ニーズも高く、読まれやすい分野だと思います。

脱毛剤を塗って1週間や1ヵ月後の写真を撮り、使う前と比較すると信憑性が増す。目に見える所だから、効果を期待する人には刺さる情報となる筈です。

脱毛器や脱毛サロンの体験談も有効です。自分が経験したことは、そのまま誰かのニーズを満たすことになりやすい。試したい人が知りたい話になります。

脱毛の原理

脱毛は単に毛を剃るのとは違い、毛根から攻略する特徴があります。毛を生えなくするか、生えにくくするかといった感じです。

脱毛も激しいものとマイルドなものがあり、即効性は激しいものが勝ります。一方で肌へのダメージも大きくて万人向けとは言いにくい面もある。

脱毛の原理を見ると、自分に適した脱毛のやり方が理解しやすいと思います。

毛根そのものを除去する

脱毛は主に毛根を攻撃し、二度と生えないようにしたり、生えるスピードを下げることが手段となります。

毛もタンパク質なので、タンパク質を溶かす薬剤には弱いです。但し、肌もタンパク質な為、ダメージを受けることになります。

毛根そのものを除去する方法は激しい攻撃。生える速度を遅くする場合は毛根を弱らせる話になります。

毛根の除去はアルカリ性の薬剤を使う場合が多いです。アルカリ性は弱酸性のタンパク質を加水分解し、結合を弱める働きをします。

強力なアルカリ性は人体に有害なので、弱いアルカリ性の薬液を使います。主に手足や背中など、顔に比べて刺激を受けにくい部位に塗るのが一般的。

顔は肌が薄くてデリケートな為、この方法だと肌荒れが酷くなります。危険なので顔には使えないと考えた方がいいです。

市販の脱毛クリームに、アルカリ性物質が入っているタイプはこれです。毛根ごと肌を攻撃することで毛を根こそぎにするイメージで脱毛します。

他には脱毛器もあります。毛根を光や熱で攻撃して死滅させるものです。肌に当てる為、ダメージは考えないといけませんが。

原理的にメンテナンスは不要だが…

タンパク質を溶かす程の強い攻撃をするので、毛根は死滅するのが上記の方法です。しかし、個人差や体質で効果が期待出来ないケースもあります。

人体は自己修復機能があり、毛根もその対象に入っている。邪魔だからと攻撃したものが再生されることも起きます。

見た目は脱毛が出来たように見えて、毛根が死んでいないパターンもあります。毛根が生きているなら、また毛は生えて来る。

肌を攻撃する手は何度も使えないので、定期的に脱毛処理をしないとダメなこともあります。毎回やるには肌へのダメージが大きすぎるからです。

男性が一番気にする髭には使えない方法でもある。これをやると、酷い肌荒れと痛みに苦しめられることになります。やる場合は自己責任でお願いします。

脱毛器だともう少しマイルドになります。それでも毛根への攻撃は肌にも少なからずダメージは与えるので、体質や使用頻度を考えた方がいいです。

強い手ですが、効果やリスクの面で釣り合うかは何とも言えないものです。体質的に肌が荒れやすい人には使いにくいと思います。

毛根を弱らせる

毛根を弱らせる手はアルカリのような化学的処理を使いません。毛根への栄養カットを促す働きかけで弱らせるやり方になります。

髪と体毛はホルモンの影響を強く受けており、男性ホルモンは髪を減らして髭を生やさせる。女性ホルモンは逆に髭を抑制して髪に栄養を送らせる働きをします。

男女で体毛や髪が異なるのは、このホルモンバランスが大きく関係しています。髭の抑制には女性ホルモンや類似する物質が効果を発揮します。

大豆イソフラボンという物質がこの手の脱毛剤にはよく使われます。これは女性ホルモンと類似した構造や性質を持ち、髭の抑制効果をもたらす。

髭に使われる栄養をカットすれば、髭の毛根は弱って生えるスピードが遅くなります。髭が濃くて生える速度が高い人にも効果を発揮する。

アルカリとの違いは即効性は無い点です。アルカリはその場で毛根を除去するので即効性がありますが、こちらは徐々に毛根を弱らせる為、時間がかかります。

1週間毎日このクリームを塗ることで、肌へのダメージを避けつつ髭を薄くしていく。こんなイメージで使われます。

また、あくまでも弱らせるだけなので毛根は残ります。使うのを止めるとまた髭は元気になって生えて来る。

なので、使い続けないといけないのが不満になりやすい点かもしれません。髭脱毛には有効ですが、アルカリや脱毛器を使う方がいい部位もあります。

剃刀や脱毛器と併用する

剃刀で剃った後、脱毛クリームを塗ってしばらく待つ。クリームを除去して保湿剤や乳液を塗るなどするのが一般的な使い方です。

髭は太くて毛根も強い為、深剃りしないと髭が残るケースも多いです。深剃りも肌にダメージを与えるので、なるべくダメージを避けたやり方で剃るのがいいです。

脱毛器を使って髭を取り除く場合もあります。体毛にも同じ手が使えます。毛を取り除いた後に、脱毛クリームを使うことで毛根を弱らせる。

時間をかけて根気強く取り組む方法なので、即効性は無いけど効果は期待しやすいと思います。髭や体毛が薄くなれば処理の手間は減る筈です。

なるべく人体へのダメージを避けることで、継続しやすくする側面もある。キツいものは長続きしません。

新型コロナは髭脱毛に関係する? ブログで書くべきことは?

新型コロナが流行って2年弱となりますが、マスク着用がすっかり板についた感がします。夏にマスクって熱中症の心配がありますけど。

脱毛にもコロナは影響している。それはマスクと関係する髭脱毛で顕著でしょう。なぜマスクが髭脱毛と関わりが深いのか?

マスクは顔が隠れる。この性質が髭脱毛に関係します。また、コロナの流行で起きた生活の変化も脱毛ジャンルに影響を及ぼしているでしょう。

コロナと脱毛。この関係性を考えてみましょう。

マスク着用が常態化

今はコロナで外出時はどこでもマスクを着けるのが一般的になりました。暑い中でもマスクは嫌ですね。

女性は男性の髭を嫌うケースは多いので、男性は髭処理で悩むことは多かったでしょう。

それがマスクを着けると、髭が隠れることになりました。毎日髭剃りをしなくても目に付かなくなったのです。

こうなると髭脱毛の意欲は下がるのではないでしょうか。目に付くから気になるので、目立たないなら気にならないと思う人も増えるでしょう。

これは髭脱毛や顔の脱毛に大きく影響している可能性があります。しなくていいなら、誰もやらないのが人間です。ニーズが減る原因になりそうな気がします。

脱毛器や脱毛クリームで対応出来る?

外出自体を控えるようになったのも影響があります。家で済ませられる方向性でサービスや商品の売れ行きがシフトした感があるからです。

脱毛サロンやサービスは人が出かけて対処する方法です。巣ごもり需要が増すと、売れ行きは悪くなるのではないでしょうか。

待ち時間や待合室で感染する可能性もあり得る為、忌避する人が出るのもあるでしょう。理髪店と違い、必要性が低いのも関係して来ると思います。

となれば、脱毛器や脱毛クリームが売れるのではないか。脱毛を家でやるならそれが該当するからです。

家で脱毛した経験や方法を書く

脱毛で多い悩みが、肌荒れや効果が期待出来ないことです。脱毛剤も種類があり、体質で合う合わないはよくあります。

肌が弱い人だと脱毛が難しいケースもあります。私も肌は弱い為、あまり脱毛は賢い選択とは言いにくい。

肌を傷つけずに脱毛出来るなら解決しますが、毛根が肌の中にある以上はなかなか難しい話です。

こういった悩みの解決。これをユーザーは求めています。自分に適した脱毛法を知りたいと読者は願っています。

髭剃りに関してですが、髭に限らず、体毛はお湯や蒸気に触れると柔らかくなる性質があります。剃る前に蒸しタオルやお湯を使うと良いのはこの理由です。

冬は毛穴が閉じて、体毛も硬くなりがちです。お湯を使うことで毛を柔らかくする効果が期待出来ます。特に硬い髭には有効。

シェービングクリームのような保護剤は、剃刀から肌をガードする働きがあります。完全に防ぐのは無理でも、ある程度の深剃りには効くものです。

剃る上で基本的な方法に加え、脱毛するやり方を入れると効果が上がりやすいと思います。髭や体毛も人体の一部なので、なるべく優しくケア出来る方が望ましい。

脱毛器も適切に使わないと肌を痛めます。アルカリよりはマシですが、それでも肌を傷つける熱や光を使う。

毎日使うものでは無く、間隔を置いて使うのが脱毛器では一般的です。使わない時は保湿やケアなどを入れ、肌のダメージ回復を図るのがいいでしょう。

ユーザーが求める脱毛やケアのやり方。これらを紹介していくのが脱毛ブログの基本となる筈です。

家で済ませられる方法のニーズが高くなるでしょう。コロナ流行後も生活スタイルはあまり変わらないと考えられる為です。

アフィリエイトジャンルから見る脱毛系

アフィリエイトブログでよく見る脱毛系ですが、ジャンル的に今後はどうなるでしょうか?

私見ではニーズは下がる方向だと感じます。理由は新型コロナの悪影響が大きいからです。

脱毛はどこで活きるのか? アフィリエイトジャンルで難しくなる背景にはこれがあります。

アフィリエイトしていくなら、この点を考えないといけない。脱毛は生活の一部と見るのがヒントになるでしょう。

テレワーク化で需要が下がる?

コロナが影を落とした分野の1つが脱毛になりそうです。巣ごもりは外出だけで無く仕事にも影響を与えている。

例えば事務や営業、会議が全てテレワーク化したら?

映像を映しながらやるならその限りではありませんが、音声や文章だけなら顔は見られません。

仮に映像を出す場合でも、頻繁に髭や体毛をいじる必要性は無くなります。接触して見る場合しか気づかなかったり、そこまで厳密に見られないパターンもあります。

髭が濃い人でも、家で対処する時間は作れるでしょう。朝と夕に剃ることで対応できる可能性はあります。

全体的に人前で何かをする機会が減る中、脱毛のニーズも下がるのではないでしょうか。

家族や身近な人しか顔や姿を見られないなら、敢えて脱毛しなくてもいいと考える人は出て来るでしょう。

ゼロにはならないけど、需要は減る方向に進む。現状だと脱毛はこう見れると考えられます。

家で出来る脱毛クリームや脱毛器が売れそう

先述したように、家で可能な脱毛が人気が出ると思います。となれば、脱毛器や脱毛クリームを売るのが選択となるでしょうか

即効性より、継続して取り組めるやり方の方が推奨しやすいでしょう。マイルドな脱毛はトラブルを呼びにくい。

病院に行きにくい状態はまだ続く為、なるべく肌へのダメージが小さい方が問題が起こりにくい筈です。何かあっても病院へ行けないと不味いのはある。

脱毛の他には毛を薄くするのも効果があります。食べ物で改善する取り組みも実用化されています。

ホルモンは食べ物とも関わりがあり、規則正しい生活と並んで重要なポイントです。女性ホルモンを増やす方向で食べるようにするのがいい。

具体的には大豆食品です。大豆は女性ホルモンに近い働きをする、大豆イソフラボンが含まれます。加工食品にも含まれます。

納豆は消化吸収しやすく、豊富なイソフラボンを持っています。納豆には他の健康効果もあるので、積極的に摂るといいかもしれません。

他には野菜や果物。GI値が低い食べ物はインシュリンの分泌を抑えます。インシュリンがたくさん出ると、男性ホルモンの分泌が促されるそうです。

肉や魚を食べ過ぎると、インシュリンの分泌が促される側面があります。これは髭を濃くする原因にもなる。

家で可能な脱毛や対策。これらを紹介していくのが今後は良いと思われます。

肌を刺激せずに脱毛可能な方法が望まれる

やはり脱毛において最大のネックは、肌へのダメージが大きいことでしょう。肌を刺激しないで脱毛出来れば需要は確実に出ます。

肌を透過して毛根だけ潰せる。こんな薬や脱毛器があったら確実に売れると思います。毛根を潰せるので効果も高いです。

アルカリは強いけど、肌へのダメージが気になります。中性や弱酸性で、毛根だけ攻撃出来る薬剤があればいいのですが。

後は飲み薬で脱毛というのも面白いと思います。髪には無効で、ムダ毛と感じる部位だけに効く薬理作用を示すもの。

こんな薬やサプリメントが出来たら扱ってもいいでしょう。手軽に脱毛出来るなら売れ行きは上がると思います。

肌へのダメージを無くし、脱毛出来る商品。これが今後の課題になると考えられます。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA