ジャンル(アフィリエイト)

アフィリエイトで自転車と保険を扱うのはどうなの?

自転車で風を切りながら走る。爽やかな瞬間ではないでしょうか。春から夏は特に気持ちいいと思います。

自転車は徒歩よりも速い。まだ自動車の免許が取れない未成年でも乗れる車です。通学に自転車を利用した人はとても多い筈です。

作る過程を除けば、動力は自分の足となります。排気ガスを出さず、燃料を燃やす必要もありません。二酸化炭素や大気汚染物質が出ないのはエコだと思います。

デメリットは雨や雪に弱いこと。自転車で傘さし運転は法令違反になります。梅雨時は暑いのに河童を着ないといけないのはちょっと悩ましいです。

車なので路面が凍るとスリップの危険があります。歩くより危ないことも多い。天候に左右されるのが自転車の弱みではあります。

自転車でアフィリエイトする。こう考えた時、今の状況はどんな感じでしょうか?

自転車は屋外でオープンな状況で運転します。密室にも密接にも密着にもなりません。これは新型コロナに強いと言えるのではないか?

巣ごもりだと運動不足になりがち。その解消に自転車は使えると思います。ここでも長所がありそうですね。

需要が上がりそうな分野。その1つに自転車が入ると見るのは不自然ではない筈です。アフィリエイトの対象と考えられるのでは?

売れなさそうなものより、売れそうなものを選んで売るのは戦略の1つです。アフィリエイトならジャンルや商品選定が該当します。

こう見ると、アフィリエイトするなら自転車は良さそうに見える。ならば自転車保険はどうでしょうか?

自転車保険もアフィリエイト案件になる。自転車の需要が増せば、保険加入も増える筈です。自転車保険もアフィリエイトの対象と見なせると考えられます。

自転車と自転車保険。この2つをアフィリエイトしていくのも有望ではないかと思います。規制強化で保険加入の義務化が進んでいるのも追い風です。

保険は厳罰化された自転車事故に対応したものが増えている。保険加入を訴えるのは、ユーザーのメリットにも繋がる筈です。

自転車事故はかなり重い罰を受けることもあります。そんな時のセーフティネットが保険になる。数千万円の賠償はおいそれと払えるものではありません。

売り込みはダメだけど、必要性を伝えるのは良いでしょう。保険はそこを衝くのがアフィリエイトの戦略となる。

自転車好きなら保険も含め、アフィリエイトブログを作っていけば稼げると思います。保険は高額なものもあるし、自転車もそれなりの値段で売られている。

単価的に悪くない案件が多いのが自転車と自転車保険。そこを狙うのは面白いと思います。

アフィリエイトで見る自転車

アフィリエイト商品として、自転車はかなり有望なものの1つだと思います。理由は新型コロナに強い特性を持っているから。

自転車そのものは古い歴史がありますが、改良が進められて、乗りやすさと乗り心地が良い製品が生まれて来ています。

新型で性能が高い自転車。これがアフィリエイト商品になると考えられます。種類も豊富でアフィリエイトしやすいのもメリットでしょう。

コロナに強い自転車

世界で猛威を振るう新型コロナ。三密が忌避される中で、自転車はそれを容易に達成出来ます。

天候には左右されるけど、開放的で密着や密接を避けられるのは自転車ならではの強みです。歩くより速くて楽なのも評価点。

実際に日本国内でも自転車の売れ行きは伸びています。海外でもニーズが高まっているようです。

車は増えると渋滞や大気汚染の弊害があります。公共交通機関は三密の可能性がどうしても排除出来ない。

安全に気を付ければ、自転車はコロナ禍で強い移動ツールとなり得ます。子供でも乗れるのはバイクや原付には無いメリット。

難点は坂道に弱いこと。上る時は足が疲れてしまいます。日本は山がちなので坂が多いのはデメリットです。

下る時はスピードが出て楽ですが、事故の危険性が高まります。人にぶつかると人身事故となり、刑事事件にも発展してしまう。

夏の時期は暑いので、マスクしながら動くと熱中症の危険性もあります。周りに人がいない時は外して体温調節をするのも必要です。

外での移動や運動に便利

近場への移動や通勤通学、買い物に自転車があると便利ですね。私も自転車は好きです。

今はマットや設備にコロナウイルスの付着が懸念され、フィットネスがしづらい環境になっています。スポーツクラブで汗を流すのが難しい状況。

室内で運動が出来ないなら、屋外でやるしかありません。そのツールとして自転車は役立ちます。

自転車に乗って町を巡ったり、河川敷を往復するなどすれば良い運動になります。ちょっと遠出する感覚で出かけても運動量は十分になる。

家から10km以内なら、大人の体力的には移動範囲になると思います。子供なら半分の5km位でしょうか。

シェアサイクルも人気

旅行に行ってちょっと町中を見て回りたい。そんな時に使えるのがシェアサイクルです。

旅行先では公共交通機関が混雑し、コロナ感染の危険が高まるパターンもあります。そこで三密を避けられる貸し自転車をレンタル出来れば、気兼ねなく町を見ることが出来る。

都市部でシェアサイクルを設置している所は増えています。駅やバス停近くでレンタルした自転車で観光し、観光地やホテルの近くで返却することも可能です。

自転車はアフィリエイトの対象になる

自転車もアフィリエイト商品の1つになっています。自転車は自動車よりも遥かに安く、買い替え需要も常にある。

自動車やバイクより圧倒的に安い為、単価的にはそれらよりは安いです。しかし、安くても5000円以上はするので、成約出来れば1%でも100円位の報酬が入ります。

どの層にどんな自転車が売れているか。これをリサーチして記事を書くのが、自転車でアフィリエイトする基本となるでしょう。

因みにシェアサイクルは案件には入りません。当たり前と言えばそうですが。基本は自転車を売る手助けを行い、手数料を頂く形になります。

自転車保険の需要も上がっている

自転車と切り離せないのが自転車保険。近年は規制強化で、自転車保険に加入するのを強制される所が増えています。

自転車保険は自分だけで無く、家族が加害者になってしまった場合にも働く安全弁になります。人身事故を起こすと高額な賠償も発生するのが自転車の怖い所。

保険に入れば安全とはなりませんが、万が一を軽く出来るのもまた事実です。自転車保険にもその側面があります。

規制の厳格化

全国的に自転車保険への加入義務が付けられた自治体は増えています。義務で無くても推奨する所の方が多いです。

理由は自転車が重大な人身事故を起こすケースが増え、これを重く見られたのが背景にあるからです。

子供が運転する自転車が高齢者とぶつかり、打ち所が悪くて意識不明の重体となったケースがある。この裁判では9500万円もの賠償請求命令を裁判所は下しています。

子供が払える訳は無いので、親に請求が行きました。子供でも人を自転車で傷つければその罪を問われます。

家族で自転車保険に入るのが、巡って自分も子供も守るセーフティネットとなります。

自転車保険に入ったことで、家族の誰かが自転車で死亡事故を起こした時、請求額が3000万円で済んだ例もあります。

命をお金で換算するのは良くないけど、少しでも被害者も加害者も守れるものはある。加害者が子供だったら目も当てられません。それをちょっとでも軽くは出来ます。

自転車は子供でも乗れる「車」と考えた方がいいでしょう。車なので運転する以上は責任が伴う。自動車と同じに見なすように認識が変わってきています。

自転車の需要と比例関係にある

コロナの流行は自転車のニーズを増やしました。化石燃料を使わず、自分の足で動かすので健康に寄与する部分がある自転車。排気ガスも出しません。

一方で自転車による事故や、自転車が巻き込まれる事故も起こりやすくなっています。歩道では歩行者に、車道では車やバイクに接触する危険性を常に持っています。

特に加害者になった場合、相手は高額の請求をして来る可能性が高い。自転車が増える程、人身事故を起こす確率も高くなります。

スカスカの道と交通量が多い道。どちらが事故を起こしやすいかは考えなくても分かります。

それを考えれば、自転車保険に入る意味もまた大きくなります。自治体によっては加入義務を課している所もあり、今後も規制は厳格化される方向に進むでしょう。

故に、自転車保険の需要も増して来る。こう予想出来るのではないかと思います。

自転車保険の種類

自転車保険を主として扱っているのは、損害保険会社です。以下のようなタイプに分かれます。

  • 自転車事故特化型保険:家族の補償も受けられる場合があり、示談交渉サービスも付く。
  • 個人賠償責任保険:日常リスクまで広く対応する保険。例えば、店の商品を壊してしまった場合の損害金、自転車乗車中の事故(対人)、友人宅の家電製品を壊してしまった際の補償など、補償の範囲が広い。
  • 傷害補償保険:自分自身の怪我に対する補償のみで、相手の治療費などの補償は全て対象外となる。
保険の種類相手の怪我相手の物品自分の怪我
自転車事故特化型保険
個人賠償責任保険×
傷害補償保険××

全てのリスクに対応するなら、「自転車事故特化型保険」に加入するのが最も安全です。

また、「普通自転車」に付帯されるTSマークという自転車保険もある。「普通自転車」とは道路交通法令に定められた基準を満たす自転車を指します。

具体的に、車体の大きさが長さ190cm、幅60cm以下であり、車輪が2輪または3輪である自転車が該当します。

マーク
種別
相手への
賠償
自分への
補償
15日以上の
入院補償
青色1,000万円30万円1万円
赤色1億円100万円10万円

TSマーク保険の特徴として、補償の範囲が重度の後遺障害等級に限定されている。

賠償責任では後遺障害で1級~7級が、補償では1級~4級が該当します。軽いと保険が認められないこともあります。

また、補償の額は一律になっており、損害が大きくなると充分な補償が受けられない可能性がある。

自転車保険もアフィリエイトの対象になる

自転車保険もアフィリエイト商品になっています。ニーズが拡大しているので、狙い目の1つだと思う。

特に家族向けの自転車保険が人気ではないでしょうか。子供や家族が自転車に安心して乗れるように加入するのを考えている世帯は多い筈です。

大きく分けて単身者用か家族用。この2つに大別されるでしょう。家族向けは補償対象が多い分、保険料も高くなる傾向があります。

自転車保険でアフィリエイトするなら、家族向けの案件を探すのが高単価になると思います。

保険は年単位で加入する条件になっている。長いものは5年とかになります。入る年数が長い程、年単位での保険料は安くなる。

アフィリエイトで自転車を売るなら

自転車の種類や売れ筋を知ること。これが自転車でアフィリエイトする為の前提となります。

売る対象も間違えると売れません。スポーツをしない人にスポーツ用品は見向きもされない。売り先と自転車がマッチしないとアフィリエイトは上手くいきません。

アフィリエイトで自転車を扱う際、どんな種類があるかを把握しておきましょう。

電動アシスト自転車

モーターによりペダルを回し、漕ぐのを楽にしてくれるものが電動アシスト自転車です。山道を上る時や荷物が重い場合でも、疲れずに走れるのは魅力的です。

下りや普段の走行時にモーターが発電機となり、バッテリーに充電される。上る時やスピードを出したい時にバッテリーから電力が供給されます。

「電アシ」と略して呼ばれることもあります。シティサイクル(ママチャリもこれ)にアシストが付いたものがイメージでは強いでしょうか。

他にはロードバイクやクロスバイクなど、スポーツタイプの自転車でも電動アシスト付きの製品が登場している。

スポーツ用の電動アシスト自転車は「e-BIKE」と呼ばれ、人気となっています。スポーツ時と楽をしたい時で切り替えられるのがポイントです。

クロスバイク

初心者でもスポーツバイクを楽しみやすいように設計された、ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在の自転車がクロスバイクです。

2つのバイクを組み合わせた(クロスした)バイクなので、クロスバイクと名付けられたそうな。

ロードバイクは舗装された道路を速く走る為の自転車になります。細いタイヤと高めのサドル、大きく下に曲がったドロップハンドルが特徴的です。

マウンテンバイクは山道や砂利道など走る目的で生まれました。太くてゴツゴツしたタイヤが目を引く。

衝撃を吸収するサスペンションが付いているものもあり、安定性にも優れています。町中で乗るのにも使えます。

クロスバイクは2種類に大別される。1つはロードバイクのハンドルを普通の自転車のようなフラットなものにしたタイプ(フラットバーロード)です。

もう1つは、マウンテンバイクのタイヤを細くしたタイプ。前者は速度重視、後者は坂道に強い特性を持っています。

ミニベロ(小径車)

室内での保管、車や公共交通機関への持ち込める、小型自転車全般を指します。ミニベロとも呼ばれる。折り畳み自転車もこれに含まれます。

軽くてコンパクトなのが特徴で、見た目もお洒落なものが多いです。

ミニベロを持って電車に乗り込み、降りた先で走り出す。シェアサイクルを頼れない場合でも使えるのがミニベロの大きな長所です。

車輪が小さいのでスピードは出ません。歩くよりは楽で速いといった感じでしょうか。町中や旅行先で乗り回すのが一番利用しやすいと思います。

上記3種が一般人向けの自転車

スポーツ用で無いものが一般人向けの自転車と考えていいと思います。町中や行った先で乗り回せる自転車の需要を考えれば事足りるかと。

電動アシスト自転車は、主婦やシニア層に人気が出る筈。主婦は買い物で重い荷物を持ったり、子供の迎えや移動で役立つ場面が多いから。

シニア層は漕ぐのが楽なので、遠出や移動に便利さを感じると思います。1人で三密を避けて出かけたり、友人たちとサイクリングを楽しめるのも考えられます。

クロスバイクは子供から大人まで幅広いニーズをキャッチ出来る。見た目がスタイリッシュであり、ペダルが軽くて乗りやすい特性があるからです。

シティサイクルは籠が付いているので、荷物を運ぶのには適します。しかし、ペダルが重くて移動では不便さを感じやすい。

クロスバイクは籠は付いてませんが、町中や郊外での走りに向いています。郊外の家から都市に出かける場合にも乗りやすいのは大きな強みでしょう。

交通費の節約や運動不足解消にも役立ちます。クロスバイクは一番売りやすい自転車ではないでしょうか。

ミニベロは他の移動手段と組み合わせやすいのが最大の売りです。遠出した先で乗り回せるのは他には無いメリット。

アウトドアでミニベロを持ち込んだり、休日に見知らぬ町でサイクリングを楽しむ。小さいので停める場所も取らないのは地味ですが長所です。

日常的に自転車に乗りたい人。この層にミニベロは売れると思います。

アフィリエイトで自転車保険を扱うなら

アフィリエイトで自転車保険を扱うなら、ポイントは保険料とサポートの手厚さだと思います。

保険料が安いとサポートは薄くなる。サポートが手厚いなら保険料も高くなります。

自転車保険で保険料の安さを求めるユーザーと、サポートの手厚さを求める人。

どちらも対象とした記事をそれぞれ書けば、アフィリエイトで成功できるでしょう。

保険料が安いもの

保険料は安い方が望ましいですね。ずっと払うとなると馬鹿にならないのが保険料だからです。

安い自転車保険の候補を以下に挙げておきます。

全日本交通安全協会・損保ジャパン「サイクル安心保険」(プランA)

個人賠償補償の保険金額は1億円で家族にも適用されます。怪我の補償は無く、対象となるのは自転車事故のみ。示談代行も付くのは長所ですね。

月当たりの保険料が139円ととても安いのが大きなメリットです。ネットで加入出来るのも嬉しい所です。

楽天損保「サイクルアシスト」(基本タイプ)

1億円の個人賠償補償が加入者の家族に適用される。傷害補償は入院日額2,500円が付いています。怪我の補償は交通事故のみになります。

ネットで申し込めるのと翌日から保険が開始されるのが強みです。楽天IDを登録している人は楽天スーパーポイントも貯まります。

個人賠償補償1億円と怪我の補償も付いているプランなのは評価点。1ヵ月で250円とリーズナブルな自転車保険になります。示談代行もセットです。

ZuttoRide「サイクルライド保険」(スタンダード)

個人賠償補償が3億円と高く、傷害補償も入院日額が6,000円、通院日額1,000円と充実しています。

1ヵ月の保険料は297円と安いのも魅力です。自転車の賠償事故だけで無く、日常生活における賠償事故に対しても補償されるのも高評価。

総合保険センター「自転車の責任保険」(基本コース)

個人賠償補償額は1億円で、傷害補償は5日以上の入院の場合に限り出ます。入院一時保険金が5万円。個人賠償補償は家族にも適用されます。

申し込みもネットで可能です。1ヵ月当たり300円とリーズナブルな設定。

セブンイレブン「自転車向け保険」(お1人様プラン)

個人賠償補償は3億円で示談代行も付きます。傷害補償は入院日額4,000円。家族補償付きはそちらを選択しましょう。保険料は月当たりで333円です。

通院補償はありませんが、申し込みにセブンイレブンにあるマルチコピー機を利用可能なのは、他に無いメリットです。パソコンやスマホが無くても申し込める。

後遺障害の補償は1~7等級のみの重い障害の場合のみになります。

補償が手厚いもの

こちらは保険料が高いけど、補償が手厚いグループになります。

三井住友海上「ネットde保険@さいくる」(Aコース)

個人賠償補償は3億円、傷害補償も入院日額が6,000円、通院日額1,000円と充実した内容です。示談代行サービスもセットで月当たりの保険料は603円です。

ネットから申し込め、翌日から保険が適用されます。保険料が高いのはちょっとマイナス点。

au損保「自転車向け保険 Bycle」(シルバー)

個人賠償補償額は3億円です。示談代行サービスもセットになる。一月当たりの保険料は590円です。

自転車事故の場合、傷害補償は入院日額が12,000円、通院日額2,000円と手厚いのが特徴です。

手術の際には入院中で12万円。それ以外で6万円の手術保険金が支払われます。さらに3日以上の入院で4万円が出るのは他には無いプランです。

自転車の故障に対するサポートとして、ロードサービスがセットになります。24時間365日対応され、50km以内なら指定の場所まで運んでくれるのも強み。

ネットで簡単に申し込めます。au利用者で無くても利用可能です。

Yahoo!保険「ちょこっと保険 自転車プラン」(スモールセット)

個人賠償補償は1億円。傷害補償は入院日額が1,000円、通院日額500円と充実しています。自転車での事故だけで無く、日常生活の様々な事故でも補償してくれます。

ちょこっと保険の加入者は、生活サポートサービスの利用も出来る。日常的な相談が可能なのはなかなか無いプランです。

保険料は月額で390円です。カスタマイズ出来るので、自分に合ったプランに変更も可能です。

ZuttoRide「CycleCall」(プランM)

個人賠償補償1億円に加え、自転車が故障した時の補償となるロードサービスが付きます。自転車故障時には1回あたり60kmまで、年間4回の無料搬送がセットになる。

実績20年、全国5,000店以上の店舗網がある老舗が運用しています。一月当たりの保険料は359円です。

自分や家族の乗り方で決めればいい

自分や家族に適した乗り方。それに合わせた保険プランを選べばいいでしょう。

頻繁に乗るし、危険度も高いなら手厚いサポート付き保険が向きます。あまり乗らないなら安い保険で十分になります。

アフィリエイトで紹介する際もその点を考慮するのがいい。詳細やお得な利用法を載せたら売れる記事が書けると思います。

本記事もお読み頂きましてありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA